醍醐の花見 - 霊宝館しだれ桜


太閤秀吉の「醍醐の花見」を持ち出すほどのこともないが、洛南醍醐寺の名しだれ桜を撮りに出かけてみた。

京都の桜としては、御苑のイトサクラとならんでの早咲きの醍醐でも、ことしは1週間ほどの遅れ、
咲き具合と気象情報を睨んでいたら、生憎の日曜日(8日)と重なってしまった。

混雑覚悟で出発。お供はクラカメM5にレンズ3本のみの軽装。


花の醍醐は快晴、しだれ満開、しかしながら予想を超える大混雑ではある。

整理の坊さん曰く、「市内の桜(ソメイヨシノ)がまだなので、皆さんここに押しかけてきた。」(笑)

拝観受付けという名の入場券を買うのに30分。花の下にはケータイから巨大デジイチまでが大集合。


先ずは、霊宝館の庭の横に大きく伸びた名物のしだれ桜。ここより前へは出られず(立ち入り禁)、一歩下がれば人波の中。

これでは、みんなが多分同じ写真を撮ったはずである。(苦笑)

c0156404_7501381.jpg

Leica M5, NOKTON classic 35mm/1.4 (sc), RVP50

霊宝館には、古刹醍醐寺の千数百年来の国宝41点を含む寺宝が保存公開されているが、
花の時期はお宝拝観は失礼して、大樹、老木の見事な花に酔い知れることとなるも、
いずれも、人垣で木の上部を中心とした絵しか撮れず残念であった。











一歩下がると・・・、こんなことになる。
遠慮がちに最前列に出るチャンスをうかがって、ようやく定位置に到るも、数カットで場所を譲ることになる。

c0156404_7593768.jpg

by kurakame | 2012-04-11 08:06 | M5 | Comments(8)
Commented by bluebrops_angela at 2012-04-11 10:04
うわぁ~~~立派な枝垂れ桜ですね。
三春の滝桜を思わせるような・・・雰囲気が何となく似ています。
枝垂れ桜ってソメイヨシノの少し後に咲くと思っていました。
枝垂れ桜の方が早く咲いたんですか???
真っ青な春の空が気持よいですね~~♪
Commented by seibo616 at 2012-04-11 14:14
kurakameさん:こんにちは。
やはり京都には枝垂れ桜が似合うのですね。
この場所は撮影ポイントでいつも大混雑ですね。
Commented by escribeme_yakko at 2012-04-11 15:02
Angelaちゃん同様、枝垂れ桜ってまだこれからだと
昨日まで思ってました
どうやら枝垂れも早咲きと遅咲きがあるのだとか・・・
大きな枝垂れ桜~~~ お写真に見惚れてます
Commented by kurakame at 2012-04-11 16:05
angelaさん、こんにちは。
ここ霊宝館のしだれ桜は、さらに左右に伸びってて枝を広げています。
全景を入れると散漫になりそうなので、このくらいで。(笑)
ええ、ぼくもしだれ桜は遅いと思っていたのですが、どうも樹種によるようですね。
京都で言えば、ここ醍醐寺と京都御苑のイトザクラはいずれもしだれで、
京都ではソメイヨシノよりも早い開花です。
Commented by kurakame at 2012-04-11 16:08
seiboさん、こんにちは。
この撮影ポイントはほんの5、6人分しかありませんね。
この貴重な場所で長々とケータイで記念写真を撮りあっているカップルがいたりして。(笑)
Commented by kurakame at 2012-04-11 16:12
yakkoさん、こんにちは。
そうですね、同じ京都でも鴨川の上流の半木(なからぎ)の道の見事な紅しだれのトンネルは、
ソメイヨシノが終わってから満開になります。
博物館の「庭園のお花見」、普通入場料が要ります。特別展の行列には加わらないで。(笑)
70歳以上は無料(!)。
Commented by peke001 at 2012-04-11 17:03
誰もが撮った構図ですか、しかしそれもまた良い構図です。
Commented by kurakame at 2012-04-11 20:44
ペケちゃんさん、こんにちは。
通路が限られているので、この横に広がったしだれの全景を撮ろうと思うと、
最前列に出るしかないのです。で、アングルはこれだけ。(笑)
<< 醍醐の花見 - 三宝院、土牛桜 銀座ウオッチング - 横断歩道... >>