石元泰博写真展 - 桂離宮1953.1954 を観る

写真家石元泰博さんが、今年2月90歳の天寿を全うされた。

戦後間もない時期に、すでにシカゴで数々の賞をとって著名であった石元さんは来日して桂離宮を撮った。

石元さんは、サンフランシスコ生まれで、幼少時は日本で過ごすも再渡米、
戦時中の収容所生活を経て、シカゴのニューバウハウスで写真を学び活躍の場は主ににシカゴであった。

1953年、街撮りの名手であった彼が、桂離宮を撮る。


今、印刷媒体では十二分に頭の中に叩き込まれていた数々の「桂」の、
まさに、戦後モダニズムの幕開けともなった作品たちを、オリジナルのプリントで観る機会が訪れた。

石元泰博写真展「桂離宮1953,1954」(神奈川県立近代美術館 鎌倉 ~6/10)


学生時代、発表された「桂」をみた衝撃は今も忘れることができないほどであった。
仲間うちでも、「土門拳ばり」と並んで「石元泰博ばり」の写真を撮るのに夢中であった頃を懐かしく思い出す。


神奈川県立近代美術館 鎌倉

石元さんが桂を撮る2年前に、こちらも戦後モダニズムを象徴する建築として
鶴岡八幡宮の池の畔に、坂倉準三の設計で誕生した。
c0156404_857388.jpg

c0156404_8583671.jpg

Leica M9, Color-Skopar 21mm/4
by kurakame | 2012-04-25 09:04 | M MONO | Comments(6)
Commented by belage at 2012-04-25 17:32 x
なんやら石元さんが乗り移ったような素敵なショットです。こういう
画面の隅々まで緊張感のある写真っていつになったら撮れるんで
しょうか。
こちらは板倉さんの作品でしたか。彼の作品もなかなかお目に
かかれなくなってきました・・・
Commented by ramble-leica at 2012-04-25 19:02
二枚目の映り込みがいいですね・・・
一瞬見た瞬間、何処のモノクロフイルムかと・・・
Commented by kurakame at 2012-04-25 20:45
belageさん、こんにちは。
半世紀以上も前の建物の中で、同じ時代の写真を観ていると、
自分自身も、そのモダニズムの時代に帰ってしまうのかもしれません。
あっ、この絵はエセモダニズムそのものです。(笑)
Commented by kurakame at 2012-04-25 20:49
ramble-leicaさん、こんにちは。
このような写真や建築に浸っていると、なんとなくモノマネになってしまいます。
カラスコ21mmは、M9ではマゼンタシアン被りが現れることがありますので、モノクロが安全です。(笑)
Commented by seibo616 at 2012-04-26 06:50
kurakameさん:こんにちは。
これはやはりモノクロでの表現しかできませんね。
素晴らしい感性を感じます。
Commented by kurakame at 2012-04-26 07:33
seiboさん、おはようございます。
50年代の素晴しいモノクロの「桂離宮」を満喫したあとでは、
ボクのカメラもモノクロになってしまっていました。(笑)
<< 鎌倉、小町通りのスナップから 日本民家園に浅い新緑をもとめて >>