雨の室生寺 - 五重塔

奈良時代末の建造、法隆寺の塔に次いで古いとされる室生寺の五重塔である。

'98年に台風によって倒れてきた高さ50mの杉の大木の直撃を受けて、大きく破損したことはまだ記憶に新しい。
'00年にかけて大修理が行われて天平の優雅な姿を取り戻した。

国宝、重文に指定されている屋外の五重塔では最も小型で、興福寺の塔の1/3、高さはおよそ16mであるという。


俄か雨とはいうものの、雷鳴を伴い、激しく降ったり小止みになったりで、いっこうに雨のあがる気配はない。

国宝のお堂に雨宿りをして、人の少ない合い間を縫っての撮影。

観光客のコンデジのオートがストロボ発光するほどの暗さになったりする。

c0156404_8534859.jpg

c0156404_8555925.jpg


雨足の一番と強くなって、ほとんどの観光客や参拝客が雨宿りをしているとき、
ご婦人の2人連れが熱心に塔を見上げていた。
c0156404_1422483.jpg

Leica M9, Summilux-M 35mm/1.4 ASPH.






五重塔と金堂との間のこれも国宝、潅頂堂(本堂)前のシャクナゲは、
ほぼピークを過ぎた感のある境内の中では、比較的元気な姿を留めてくれていた。

c0156404_944877.jpg

by kurakame | 2012-05-11 09:06 | M MONO | Comments(8)
Commented by bella at 2012-05-11 09:38 x
私も4月に 室生寺、長谷寺、行ってきました  
サクラには間に合いましたが、
シャクナゲやボタンは まだ全然咲いていませんでした・・
雨の室生寺もとても素敵ではありませんか!  
女人たちが あの太鼓橋を渡って入山したことを思って 
私も少し’改心’しました!
Commented by Imaipo at 2012-05-11 13:58 x
今日は。
石楠花と五重塔良い風情ですね。
Commented by kurakame at 2012-05-11 15:44
bellaさん、こんにちは。
bellaさんの京都、滋賀神社仏閣巡り、楽しみにお待ちしていますよ(!)。
例年、シャクナゲの時季はゴウールデンウイークと重なって敬遠気味で、
今年はじめてシャクナゲの室生寺ということになりましたが。
にわか雨に助けられて(?)雨の景色となってしまいました。
Commented by kurakame at 2012-05-11 15:48
Imaipoさん、こんにちは。
五重塔を撮影したときは一段と雨が強くなって、
ほとんどの方はお堂の軒下に雨宿り状態でした。
この情景を見て、ふと、昔の雨の日の参詣風景を想像したりしてみましたよ。
Commented by belage at 2012-05-12 08:41 x
雨中でこれだけきりりとして、雨を感じさせる画をものにされる!
さすがです。最後のあおりの角度がまたいいですねぇ(しみじみ)
Commented by kurakame at 2012-05-12 09:27
belageさん、こんにちは。
旅の途中のにわか雨でもなければ、好き好んで雨中の撮影はあまりやらないのですが。(笑)
バッグの底に入れていた百均のビニールポンチョを被って雨の中に飛び出してみました。
Commented by peke001 at 2012-05-12 12:36
'98年でしたか、もう大分経ったんですね。室生寺の名を見聞きすると思いだします。
クラカメさんは毎年のようにお出かけになられているようですね。
心休まる思いでしょうか。
Commented by kurakame at 2012-05-12 17:33
ペケちゃんさん、こんにちは。
そうですね、五重塔が破損したニュースはつい最近だった気がしますが、
もう10年以上経ったのですね。
いえ、それほど通っている訳ではありませんが、奈良や京都には時折ふらっと出かけたくなります。
<< 神田祭り - 将門保存会神輿渡御 雨の室生寺 - シャクナゲの金堂 >>