隣村散歩 - ポジフィルムのばら苑


陽射しが日一日と強くなるのが感じられて、はっと気がつくとバラの季節。

隣村歩きのお供はポジフィルム、なつかしのベルビア50を詰めたライカM6。花撮りには向かないが、ぶらり歩きは軽快な装備に限る。


そのとき持っているカメラとレンズで撮れるものを気軽に撮る。もしかして、デジイチにマクロズームとは違った絵が撮れるかも知れない。


春、秋とバラのシーズンのみ開園している生田緑地ばら苑で。

c0156404_820359.jpg

Leica M6, Tele-Elmarit-M 90mm/2.8, RVP50





バラのシーズンに限って開園する生田緑地ばら苑は、かつての向ヶ丘遊園ばら苑が残されたもの。
春の開園早々だというのに、なぜかピークを過ぎた花も多かった。

c0156404_823471.jpg

c0156404_8232327.jpg

by kurakame | 2012-05-23 08:30 | M6 | Comments(6)
Commented by ramble-leica at 2012-05-23 13:38
流石ベルビアという色彩ですね!
フジを使いだしてからM7を持ち出す回数が増えました・・・
Commented by belage at 2012-05-23 17:33 x
はぁ、やはり何か一味違いますね。いい色がでてますねぇ。
Commented by kurakame at 2012-05-23 17:38
ramble-leicaさん、こんにちは。
ぼくはエクタクロームが多かったのと、風景あまりやらなかったのでベルビアは初心者です。
ベルビア50が復活したので、高速シャッターのないライカでもそれなりに絞りを開けられますね。
Commented by kurakame at 2012-05-23 17:41
belageさん、こんにちは。
最近のデジタルはかなりのいい色出してくれますが、
旧いライカのレンズと彩度の高いポジフィルムの組み合わせでは、
やはり一段と濃厚な色を見せてくれるようです。
Commented by bella at 2012-05-24 12:28 x
見事に 薔薇のビロード感を捉えられていますね! 素敵です!
金環日食は 流石の私設天文台ですね~  私は予行演習もなく
あたふたしましたが、 真綿のような薄雲で、かえって芸術的な写真と
なったような気がします   でもKurakameさんのような どんぴしゃ
金環は 撮れませんでした~(涙)
おっしゃるように、日食が終わったら、ピカピカの晴天になりましたね(皮肉にも!!)
Commented by kurakame at 2012-05-24 22:00
bellaさん、こんにちは。
どうも近頃ポジフィルムの色再現を見直しています。
色の厚みみたいなものがデジタルと違う気がするのです。
バラはこの意味でうってつけ写材のひとつではないでしょうか。

日食、うす雲の間のドンピシャ、面白くない絵になってしまいましたね。
こちらではたまたま、金環の前後数十秒間、うす雲になりました。
<< 銀座ウオッチング - 交詢ビル 速報 - 雲の間の金環日食 >>