谷根千徘徊 - 谷中の細道


下町情緒たっぷりの谷中も現代風の住宅や商店に建替えられたものも多く、新旧が上手く調和した街となってきている。

しかし、まだまだ大正、昭和の残るようなディープな谷中も残っているところもあった。

言問通りに面した玉林寺、鬱蒼とした大樹に囲まれた門を潜ってから、その奥の右手に幅2~3メートルの小道が曲がりくねって奥につながっている。


恐る恐る辿ってみると。

道の真ん中にも木が何本か残されて、画面左のブロック塀の中は玉林寺の墓地、右手はもう住宅が迫っていた。

c0156404_811466.jpg

Leica M9, NOKTON Classic 35mm/1.4 (sc)







さらに進んでいくと、道は狭くなったり、すこし広くなったりと曲がり角も何箇所かあって、生い茂った樹木や住宅の間に続いている。

その先に、錆びたトタン屋根の下に、見覚えのある井戸が見えてきた。

谷中の風景の中でも有名なポイントの一つ。脇の階段を登ると、ようやく、ふつうの谷中風景に戻る。

c0156404_8195731.jpg

c0156404_8201956.jpg

c0156404_820452.jpg

(2、4枚目)Leica M6, Elmariti-M 28mm/2.8, ILFORD XP2 Super
by kurakame | 2012-06-06 08:26 | M MONO | Comments(4)
Commented by belage at 2012-06-06 16:53 x
これはまた凄いところを見つけられましたね。びっくり。こういう
不整形な線形は昔水路があったところが多いのですけど、この
あたりに水路というのもどうでしょう・・・
それにしてもよく木を残しましたねぇ。感心しきりです。
Commented by kurakame at 2012-06-06 17:12
belageさん、こんにちは。
この裏道は、実はボクが「発見」したのではなくて、
何かの本か、あるいはどなたかのブログで見ていた記憶に頼ってのものです。
階段もあることから、川の跡でもなさそうですが。ここは当分手はつけられないでしょうね。
Commented by Imaipo at 2012-06-07 08:16 x
お早うございます、
谷中ですか良い道ですね
良く見つけられましたね雰囲気の良い道ですね。
Commented by kurakame at 2012-06-07 08:24
Imaipoさん、こんにちは。
谷中のあたりでは、まだまだこのような場所がありそうですね。
ぶらり散歩では楽しい道ですが、生活の場としては多少問題もあろうかと思いますが。
<< 谷根千徘徊 - 谷中のニューデザイン 谷根千徘徊 - みかんの寺 >>