バルナックライカで街歩き - 東京国際フォーラム

土曜日、銀座のはずれあたりの会場での、高校の東京同期会は「喜寿の会」(!)であった。

いつもの写真担当は軽くて良く写るミラーレスのデジであったが、
特別にボクのエイジライカであるⅢaを出席者に紹介して、これでも記念写真を撮った。
同期生であるから、あたりまえだが、みんなと同じ生まれ年のライカである。
意図的にモノクロフィルムを装填しておいた。

ほろ酔いの帰り道に京橋から有楽町へ、国際フォーラム(T.I.F.)の中庭をを歩いて行く。

レンズは、絞りのクリックストップがきかなくなって、棚の隅に眠っていたAVENON 28mmm/3.5を引っ張り出す。
小さくて軽いからである。これでもGF1とミニ三脚を入れると、近頃のボクの街歩きよりは重くなる。

AVENONは、コムラーにいたアベさんが独立して作ったLマウントのレンスである。

92年のライカブックにも、エルマリートに劣ることのない描写だと紹介されている。たぶんこのころにボクも購入したのだったと思う。

c0156404_15413378.jpg

Leica Ⅲa, AVENON 28mm/3.5, ILFORD XP2 Super.







東京国際フォーラムのガラス棟とホール棟のあいだの、植え込みの中庭は、
いつもちょっと狭くて窮屈な印象で、天気の悪い日などは薄暗くて陰気な感じさえするのだが、
こんな風に、にぎやかなイベントがあると、一気に元気をを取り戻す。

c0156404_15515887.jpg

c0156404_15522083.jpg

c0156404_15523496.jpg

by kurakame | 2012-06-25 07:25 | Ⅲa | Comments(4)
Commented by belage at 2012-06-26 17:55 x
生まれ年と同じライカで同級生を撮る!なんて素敵な一瞬なんで
しょう。
機械が勝つか人間が勝つか。面白い勝負がこれから続きますね。
絶対勝って下さいよ!ライカに勝った男なんてギネスに載るかも!!
Commented by kurakame at 2012-06-26 21:44
belageさん、こんにちは。
高校生のころから写真係り(笑)だったので、喜寿の会でのいたずらでした。
今、プリントしてみんなの分を揃えているところですが、人口光下のデジタルの色がどうもしっくりとしなくて、
モノクロプリントが新鮮に見えています。
ライカの寿命には勝てるわけはありませんよ。
Commented by タケオモン at 2012-07-08 10:20 x
こんにちは、
昨日は、お邪魔し長居して失礼しました。
クラカメさんの作品のレベルの高さに見とれてしまいました。
少しでも上達できたらと、肝に命じたところです。
Commented by kurakame at 2012-07-09 08:32
タケさん、こんにちは。
ちょうど、風来坊さんともども在廊していた時間帯でお目にかかれてラッキーでした。
お忙しいところをお出かけいただき、ありがとうございました。
<< バルナックライカで街歩き - ... 銀座、雨色夕景 - マロニエ通り >>