モノクロームの街歩き - 深緑


グループの写真展も今日で終了、あっという間の5日間であった。


猛暑の洛中を逃れて出かけた、大原寂光院と大和の室生寺で撮った真夏の深緑をテーマの2点を出展したのだが、
そのイメージのつながりで、近所の小さな公園の緑をあえてモノクロームで撮ってみる。


大規模宅地開発の法規制から生まれた緑地公園、丘陵の急傾斜地で開発困難な場所が残されての公園ではあるが、
40年以上を経過して鬱蒼とした深緑の中に1台の時計がしっかりと時を刻み続けていた。

c0156404_8223730.jpg

Leica M9, Summrit-M 75mm/2.5
by kurakame | 2012-07-09 08:29 | M9 | Comments(10)
Commented by twinkle-keko at 2012-07-09 11:01
奥深い落ち着いた雰囲気のモノクロですね。
写真展お疲れ様です。
私も近くに住んでおりましたらお伺いしたかったです。
Commented by kurakame at 2012-07-09 14:06
kekoさん、こんにちは。
グループ展の全員極彩色カラーを眺めていたら、やたらモノクロームが撮りたくなりました。
今回はデジタルですが、初めからモノクロの目で撮りました。
Commented by Pubcom156 at 2012-07-09 22:38
こんばんは
夏なのに、静謐な涼しげな時間を感じさせてくれますね。
Commented by kurakame at 2012-07-10 08:39
Pubcomさん、こんにちは。
小さな公園ですが、多摩丘陵の名残の樹木もみられて涼しさを演出してくれています。
Commented by Imaipo at 2012-07-10 13:18 x
今日は。
モノクロ写真からも色を想像させてくれるんですね
静かな雰囲気が素敵ですね。
Commented by kurakame at 2012-07-10 18:04
Imaipoさん、こんにちは。
見てくださる人それぞれに、違った色に見えるモノクロームを撮ってみたいと考えてはいるのですが。
Commented by ramble-leica at 2012-07-10 22:46
こうして拝見してますと,ライカレンズ,開放以外全て同じ写りだと思うようになってきます・・・
Commented by seibo616 at 2012-07-11 05:47
kurakameさん:こんにちは。
写真展の無事に終了よかったです。
新緑に時計の構図が素敵ですね。
Commented by kurakame at 2012-07-11 08:41
ramble-leicaさん、こんにちは。
M8のころに、100mm相当として手にいれたSummaritシリーズの75mmですが、
あまり出番がなくて、ちょと長めの標準レンズとして復活できるかどうかと。
解放をちょっと絞るという貧乏性が顔を出して(笑)、f 2.8でのショットでした。
Commented by kurakame at 2012-07-11 08:44
seiboさん、こんにちは。
年に1回のグループ展でした。
タイトル通りに、メンバー「それぞれの」想いを持ち寄って楽しませていただきました。
<< モノクロームの街歩き - 木陰 小さなガラスのギャラリーで >>