ぶらり米原 - 街道の町

国鉄時代から米原(まいばら)駅は東海道本線と北陸本線の分岐駅として重要な役割を担ってきた。

現在も東海道山陽新幹線の駅があり、在来線の北陸方面への乗り換え駅として乗降客もかなりの数にのぼっている。

鉄道以前の時代には、中山道鳥居本宿番場宿のあいだに位置し、北国街道がここで分岐するという、また交通の重要地点であった。

その米原、滋賀県米原市は鉄道で名を知られているほどには、町並みはひっそりとした佇まいである。

戦時中、重要駅として空爆の対象になると、駅前の民家や商店は撤去(強制疎開)されたまま、
どうやら街の復活はならず、街道沿いの民家や数少ない商店がそのままに半世紀以上の歳月が経過したかのようだ。

現在は駅の東口を国道8号線が通過して、在来の米原の町を駅から分断しているカタチになり、
かつては干拓の畑であった琵琶湖側の西口にあたらしい住宅や商店が広がりつつあるようにみえる。


米原駅の在来線乗り換え時間をちょっとずらせて、古くからの米原の集落を歩いてみた。

8号線からワンブロックの住宅地を隔てて、国道に平行に一本の道路が走る。

古い記憶ではこれが中山道、旧国道8号線であろうと見当をつけて歩き出す。

民家の軒先に止めたクルマで出かけようとする主婦と目があって挨拶代わりにこれが「旧道ですか」と訊ねてみたら、
親切に、「この先の旅館のところに北国道の分岐点がありますよ」と教えてくださった。


c0156404_1481992.jpgc0156404_1483788.jpg


















「左北陸道 右中山道」の石柱は頑強な鉄パイプでガードされている。

この写真を撮ったりしていたら、先ほどの主婦がクルマでやってきて、米原の観光地図やパンフレットをもってきてくださった。(感謝)


こちらが北陸道(北国街道)。長浜から越前へと続き、戦国時代の数多の英雄武将たちも往来したに違いない。
c0156404_14143951.jpg


右中山道。番場宿はかの長谷川伸作「瞼の母」の番場の忠太郎である。今では中村美津子や氷川きよしか。

関ヶ原から美濃、木曽路へと皇女和宮の輿入れ行列もこの街道であった。
c0156404_14162041.jpg

Leica M9, NOKTON classic 35mm/1.4(sc) クリックで画像拡大。
by kurakame | 2012-08-08 07:40 | M MONO | Comments(10)
Commented by Imaipo at 2012-08-08 08:22 x
お早う御座います
このような街並みを見ますと
なぜかホッとします、子どものころの記憶が
ちょっとよみがえります。
Commented by twinkle-keko at 2012-08-08 10:11
おはようございます♪
やはりkurakameさんは滋賀県のご出身でしたか。
私の実母も滋賀県八日市市(現在の東近江市)の出身で
私も子供のころ母の実家へよく遊びに行きました。
昨日アップされた琵琶湖畔のお写真も、とても懐かしく拝見しました。
Commented by BobCat62 at 2012-08-08 11:52
近江商人はこのあたりでしょうか?
去年?行ったんですけどぅ~
帰りに安土城の城跡に行ったから違いますかね~?
Commented by kurakame at 2012-08-08 15:55
Imaipoさん、こんにちは。
この辺りの町並みの民家は、ほとんどが戦後に建て替えられているはずですが、
多くが土地の在来の工法で建築されているので、統一感がありますね。
Commented by kurakame at 2012-08-08 15:58
kekoさん、こんにちは。
彦根の在で生まれ育ち、高校までをこの地で過ごしました。
法事でも無ければ、いつも素通りして、京都や奈良に向かっているので、
琵琶湖岸に立つのはずいぶんと久しぶりでした。
Commented by kurakame at 2012-08-08 16:01
BobCatさん、こんにちは。
近江にお出かけいただきましたか。
安土はここからもう少し京都寄り、近江商人の本場(?)はさらにもう少し京都寄りの、
五個荘や近江八幡ですね。おおよそ、米原と京都の中間あたりになります。
Commented by belage at 2012-08-08 17:29 x
写真がいいせいか、とても風情のあるいい町並みに見えます。
今木曽路とか古い街道筋がとても人気があるようですが、町興し
のいい材料になると思いますが・・・
Commented by kurakame at 2012-08-08 21:33
belageさん、こんにちは。
不思議なほどに、米原の街は戦後以降の発展がないように見えます。
街中の民家や(数少ない)商店は当然戦後建て替えられているものが多いのですが、
在来の木造工法が引き継がれていて、街道筋も昔の風景そのままに思えます。
Commented by bluebrops_angela at 2012-08-09 20:49
真夏の琵琶湖の青い色 素晴しいですね。
クラカメおじさまの故郷なのですね。
街並みのお写真も、どこか懐かしさが込み上げてくるような風景ですね。
道路の両脇に咲いている花々に、街の皆さんの心を感じるようです♪
Commented by kurakame at 2012-08-09 23:14
angelaさん、こんにちは。
琵琶湖の水も、ようやくぼくらの子供のころの透明感を取り戻したようです。
ひさしぶりの故郷、琵琶湖を見に行ってみたくなりました。
いくらかでも、夏の湖の色が出せたらいいなと、撮ってみました。
<< ぶらり米原 - 旧米原尋常高等小学校 真夏の琵琶湖畔から暑中お見舞い >>