処暑 - 残照

暦の二十四節気の処暑、暑さもおさまるころ、とされているが、このところの猛暑は納まるどころではない。

もっとも、さすがに朝夕の微かな風のそよぎには秋近しと感じられなくもないが。


午後3時、陽の光はまさにジリジリという勢いである。

しかし日差しの角度は目に見えて斜めになってきているのが実感される。


駅前の商業地区と高台の住宅地を分ける「こやのさ緑道」で。さすがに人通りはほとんどない。

c0156404_8392612.jpg

c0156404_8395453.jpg

c0156404_8401425.jpg

Leica M9, Color Skopar 21mm/4
by kurakame | 2012-08-23 08:44 | M9 | Comments(4)
Commented by ramble-leica at 2012-08-23 23:35
光の小道をうまく描写されていますね、さすがです。
Commented by kurakame at 2012-08-24 07:50
ramble-leicaさん、こんにちは。
連日の猛暑で街歩きを自粛中(?)で、いつも気になっている緑道でお茶を濁しています。
Commented by Imaipo at 2012-08-24 08:04 x
お早う御座います
私も暑くて近所めぐり専門です
なるほど素敵に撮られてますね
勉強になりました。
Commented by kurakame at 2012-08-24 21:05
Imaipoさん、こんにちは。
想定外(!)の厳しい残暑が続いています。
歳を考えて無理をしないように今月は近所巡りでいこうかと思っています。
植物オンチの小生、さてネタはあるのかなと心配中です。(笑)
<< 旧暦7月7日七夕の宵、上弦の月 真夏の西新宿モザイクストリート >>