旧暦7月7日七夕の宵、上弦の月


七夕は7月7日、織姫と彦星が天の川を渡って年に一度の逢瀬を楽しむという。

今日8月24日は旧暦で7月7日となって、旧の七夕であった。

ご承知のように、新暦の7月7日の七夕、旧暦に近づける意味での月遅れの8月7日の七夕、そして旧暦7月7日の七夕が混在する。

新暦の七夕はまだ梅雨の時期で、星祭りにはちょっとそぐわないように思う。
主役の織姫や彦星も日が暮れて空が暗くなる時刻にはまだ東の空低くてあまり良くは見えない。


今年は旧暦で閏月が入ったので、七夕は(新暦の)8月の終わりになった。
さすがにこの季節になると織姫(織女星-こと座のα星でヴェガ)も、彦星(牽牛星-わし座のα星アルタイル)も宵のうちに中天高く昇って、
空の明るい都会でも良く輝いて見えるようになる。

残念ながら天の川は都会の光害に消えてしまっている。


たまたま、西の空には上弦の月が輝いていた。
この画像を撮った2時間ほど後に、天文学上の上弦となり、月の明暗の境界線が直線になる。


いつもの天体望遠鏡による上弦の月。 (8月24日 20h19m)

c0156404_2131020.jpg

自作20cm反射望遠鏡(41×)、+LUMIX GF1 , 20mm/1.7. クリックで画像拡大します。
by kurakame | 2012-08-24 23:40 | Comments(19)
Commented by Imaipo at 2012-08-25 08:28 x
お早う御座います
綺麗にクレーターが写って素晴らしいですね
私のれんじでは写せません。
Commented by seibo616 at 2012-08-25 09:38
kurakameさん:こんにちは。
これは素晴らしいお月見ができました。
Commented by kurakame at 2012-08-25 15:34
Imaipoさん、こんにちは。
接眼レンズとカメラアダプターを追加して、GF1が取り付けられるようにしてみました。
まだまだ眼視による鮮明さと美しさの1/10も表現できません。
Commented by kurakame at 2012-08-25 15:36
seiboさん、こんにちは。
今年は閏月が入ったので仲秋は9月の終わりごろですね。
Commented by KONDOH at 2012-08-25 16:44 x
こんにちは。
昨晩、仕事を終えて事務所を出た時に見ました。
でも、旧暦の七夕だった事は知りませんでした。f^_^;)
Commented by belage at 2012-08-25 16:57 x
いつも素晴らしい写真ありがとうございます。まるでNASAの
写真を見ているようですよ。
七夕もいっそ、旧暦に戻したらいいと思うのですけど・・・
Commented by kurakame at 2012-08-25 17:12
KONDOHさん、こんにちは。
自作の経緯台なのでバランスの問題もあって、なんとかコンデジからM4/3にグレードアップしてみましたが、
あまり変わり映えはしません。やはり眼視には遠く及びませんね。
Commented by kurakame at 2012-08-25 17:15
belageさん、こんにちは。
NASAと大げさな(笑)。GF1にパンケーキの20mmですが、
コンデジの頃とそれほどの差はでませんでした。
七夕、旧暦の方が星祭りにはピッタリですが、その星も都会では・・。
Commented by ヒューマン at 2012-08-26 06:09 x
おはようございます
クリックすると、「お~」と驚きの画像が出現しました。
まさに天体望遠鏡並みの映像ですね
すばらしい
Commented by kurakame at 2012-08-26 07:54
ヒューマンさん、こんにちは。
手作り望遠鏡にはいろいろと制約があり、なかなか画像では十分に表現しきれないところがあります。
残暑の息抜きの一助にでもなればとご紹介しました。
Commented by micro43 at 2012-08-26 08:46
おはようございます。
自作反射望遠鏡とは驚きました。
素晴らしい画像です。
Commented by ramble-leica at 2012-08-26 09:12
何時もの事ながらお見事の一言!
此の時期になりますと、近くの私鉄が天の川銀河の絵を車体にアレンジしてはしっています・・・
Commented by Golfun at 2012-08-26 09:56 x
お早うございます。
何時もコメントなしに失礼しています。
見事なクレーターを身近に見たのは初めてです。
画像拡大で迫力を感じました。
素晴らしいです。
Commented by kurakame at 2012-08-26 15:24
micro43さん、こんにちは。
学生のころからの光学系を20年ほど前に再構築しましたが、アバウトな仕上がりで、
眼視用の望遠鏡にAF、AEの簡単なカメラを取り付けて、月面をこれくらいに撮るのが精一杯です。
Commented by kurakame at 2012-08-26 15:27
ramble-leicaさん、こんにちは。
高性能なデジイチあたりを取り付けられたら、もう少しは微妙な画像が撮れると思いますが・・。
天の川、もう山奥にでも行かなければ見られなくなりましたね。
Commented by kurakame at 2012-08-26 15:30
Golfunさん、こんにちは。
いつも懐かしい茨城からの発信、拝見しています。
手製の望遠鏡にGF1を取り付けてあとはAF、AEでカメラにお任せです。
Commented by chousan-drybox at 2012-08-27 22:22
さすが木辺鏡ですね。
じっと見ていると怖いほどの写りで、拡大の絵は声が出ません。
Commented by kurakame at 2012-08-28 08:02
chousan-dryboxさん、こんにちは。
デジカメのAF、AEではこのくらいが限界のようです。眼視での美しさには遠くおよびません。
木部鏡も手磨きの時代では一級品でしたが、
最近のコンピューター設計の鏡と比べると如何なのかなと思っています。
Commented by kurakame at 2012-08-28 15:13
chousan-deryboxさん、追伸です。
↑ 木辺鏡、のあやまりでした。木辺成麿作<SKM372>1952年、
口径20cm、F=1660mmです。
<< 地方都市の住宅地で 処暑 - 残照 >>