ご近所歩き - 名残の夏草

公団団地がすっかりと第2世代に生まれ変わって、当時団地の周辺に民間中層集合住宅用として分譲された、
主として企業の社宅もほとんどが新しくなった中で、
再利用の方策が立たぬのかどうか、古い建物は解体されて更地になったままのものもある。

ネットフェンスの夏草に絞りを大きく開けてみた。

c0156404_1441819.jpg



新しい駅に近い、大規模な民間分譲地の1画。

周辺の住宅も世代交代でそろそろ建て替えが進んでいるのだが、当初から空地のままで40年と気になっていたところ。

カメラを構えていたら、伊豆諸島定期便のドルニエ機が調布飛行場に向けて着陸態勢でファインダーに入った。

画面中央、センサーごみではない。(笑)

c0156404_144364.jpg

Leica M9, NOKTON 50mm/1.1 (上 f=1.4、下 f=5.6)
by kurakame | 2012-09-07 07:40 | M MONO | Comments(10)
Commented by seibo616 at 2012-09-07 07:43
kurakameさん:こんにちは。
本当に夏の終わりを感じる画像ですね。
Commented by Imaipo at 2012-09-07 08:52 x
お早う御座います
散歩途中にある官舎が何年も空家のまま4階建てで何棟も
あります、最近解体工事が始まりました、無駄な土地だったら
もっと早く処分すればと思います。
Commented by kurakame at 2012-09-07 09:13
seiboさん、こんにちは。
この歳になって、ことさら夏を満喫したわけではないのですが(笑)、
夏の終わりにはなぜか一抹の寂しさを感じます。
Commented by kurakame at 2012-09-07 09:15
Imaipoさん、こんにちは。
昭和30年代、40年代の団地はほとんどが新しく建て替えられています。
民間では、それなりの事情もあるのでしょうね。
Commented by bella at 2012-09-07 14:07 x
伊豆諸島定期便のドルニエ機って、よくわかりましたね~! きっと情報が
きちんとおわかりでいらっしゃるからなのでしょう・・
団地は 若い頃、一度住んだ経験があります  狭さに息が出来ないと感じましたが あっという間に慣れました~  
むしろ、居住形態より、人間関係の思い出が懐かしく思い出されます

団地がうっすら写るお写真、人々の悲喜こもごもが にじんで来ます~
Commented by belage at 2012-09-07 16:43 x
おお、我が家のほうに飛んで来るんですね(笑)
そういえば引越し当初は調布飛行場の離発着の飛行機が
我が家の上空を良く飛んでいましたが、最近音が聞こえません。
多分、お隣に味の素スタジアムというサッカー場が出来たから
コース変更になったのかなぁなんて勝手に想像してます。
Commented by kurakame at 2012-09-07 23:58
bellaさん、こんにちは。
イタリア湖水のコメで、地図のスケールが間違っていました。1/1Mなので、1/1,000,000でした。
もう、ミラノから7-80kmなのですね。
あっ、ドルニエ機、毎日我が家の上空を1日4往復飛んでいます。
Commented by kurakame at 2012-09-08 00:01
belageさん、こんにちは。
いまだにドルニエ機に関心をもって見ています。(笑)
離着陸に味スタ影響したのでしょうか。
我が家上空では、風向きの影響ぐらいでダイヤ通りに飛んでいます。
Commented by ramble-leica at 2012-09-08 07:38
おはようございます。
東京にも関西と良く似た情景のところがあるんですね・・・
何かほっとさせられます。
Commented by kurakame at 2012-09-08 07:58
ramble-leicaさん、こんにちは。
東京といっても郊外住宅地、多摩川を超えてここはもう神奈川県です。
<< 夜明け前の東の空に下弦の月と木... 隣村散歩 - 坂の街 >>