炎天下の小江戸 - 蔵造りの町屋

秋の彼岸も近づこうかという先週、快晴無風の川越を訪ねる。

埼玉県川越市、江戸時代からの町屋が街の中心部の商店街を形成している蔵造りの町、
小江戸という名称でも親しまれている街である。


月例のグループ撮影行であったのだが、地元の方たちも、熊谷より暑いのでは・・、といわれていたほどの猛暑。

町の中心部のサワリを、休み休みの2時間弱、早々に撮影を切り上げて、ビールで反省会。(笑)

老齢には熱中症要注意の半日。

c0156404_16285186.jpg

c0156404_14171391.jpg

c0156404_14173163.jpg

D700, PC-NIKKOR 28mm/3.5
by kurakame | 2012-09-18 07:35 | Comments(14)
Commented by Imaipo at 2012-09-18 08:16 x
お早う御座います
懐かしい、カメラに触りだしてすぐ川越に誘われていきました
どう廻ったのか?陽射しが強く見えます、暑かったでしょうね。
Commented by ramble-leica at 2012-09-18 13:02
流石の良い写り、700で十分ですね・・・
pcレンズも魅力的。
Commented by inakasinsii at 2012-09-18 15:24
モノクロの方がカラーより暑く感じますね。
お酒の試飲はなかったんですか。
Commented by kurakame at 2012-09-18 15:52
Imaipoさん、こんにちは。
炎天下の昼下がり!(笑)、トップライトで日陰と日向のコントラストが強すぎでした。
Commented by kurakame at 2012-09-18 15:55
ramble-leicaさん、こんにちは。
webでリサイズしてしまえば、36MPもコンデジもあまり変わりませんが。
時代物のPCレンズをときたま使いたいためのニコンフルサイズです。
Commented by kurakame at 2012-09-18 15:57
inakasinsiさん、こんにちは。
拝見しながら、コメご無沙汰です。
あまりに暑くて、地酒(!)忘れていました。(笑)ひたすら生ビール(!)。
Commented by belage at 2012-09-18 17:27 x
写真を拝見してあの暑さが良く分かります。ぎらぎらですね(苦笑)
昨日は暑さもさることながらゲリラ豪雨にはあいませんでしたか?
ボクはチャリの散歩の途中で遭遇。お陰で風邪をひいたようです
(ハクション!)
Commented by kurakame at 2012-09-18 21:56
belageさん、こんにちは。
アタマの真上からの太陽、写真どころではありませんでした。(笑)
朝夕の微かな秋風とともに、チャリ再開ですね。若さがうらやましい。
あっ、当地ではほんの涙雨程度でした。明日は降りそうのようですが。
Commented by pubcom156 at 2012-09-18 22:49
こんばんは
川越には高校以来行ってません。ん~十年前の話です。
このような街並みは、ゆるりとした写真が似合うのかななどと勝手に思っておりましたが、D700の隙のない感じがよく似合いますね。
Commented by seibo616 at 2012-09-19 06:30
kurakameさん:こんにちは。
ここはまだ行っていないので、是非行きたい町です。
モノクロがあうのですね。
Commented by BobCat62 at 2012-09-19 07:15
すっごく重そうな建物ですね
実用自転車のアイスキャンディ屋さんがお似合いの町
房総人はこの町並みで「佐原」を連想してしまいますぅ~
Commented by kurakame at 2012-09-19 08:27
BobCatさん、こんにちは。
震災前の小江戸佐原を訪ねたことがあります。
蔵造りは関東地方特有の同じ構法のように見えます。
こんなにアタマデッカチで、おまけに1階が店舗で壁が少ない、
耐震的にはちょっと不安がありますね。
町屋の造りで、奥行きが深い平面でバランスがとれているのかもですが。
Commented by ym7380 at 2012-09-19 23:35
蔵の町 いつみても いい風景です。
Commented by kurakame at 2012-09-20 20:32
ymさん、こんにちは。
関西育ちのkurakameには、江戸風の蔵造りのデザインにやや馴染めないところもあるのですが。
<< 小江戸川越 - 駅前メインスト... 丸の内一号館広場 - AFTER 9 >>