小江戸川越 - 駅前メインストリートで


残暑というよりは猛暑の先週の川越市

早々に蔵の町撮影を切り上げて本川越駅に戻る駅前メインストリート。

ここでもまた、空地、廃屋が何か所か目にとまる。


街は何気なく日常が繰り返されて、だれもあまり振り向かない。

c0156404_8184196.jpg

c0156404_819494.jpg

D700, PC-NIKKOR 28mm/3.5
by kurakame | 2012-09-19 08:21 | Comments(12)
Commented by Imaipo at 2012-09-19 08:40 x
お早う御座います
何処の町にもこうした光景が見られるんですね
わが町でも後継ぎがいない、大型店舗に客足をとられて
店じまいしシャッターが閉まったまま寂しいまちになってます。
Commented by 湘南ジージ at 2012-09-19 09:41 x
おはようございます
いつも あまりにも素晴らしい写真に、コメントを尻込みしている爺でございます。
川越には兄が住んでおり,以前喜多院を訪れたことがあります。
古い いい街並みですね!
Commented by Golfun at 2012-09-19 16:35 x
今日は
川越には何度も行っていたので懐かしいです。
もっと懐かしいのはアンジェラさんの喜多方の
蒸気機関車のコメントを見たことです。
九州から受験で上京したとき浜松駅でピューと
警笛が代わったのに驚きました。
初めての電気機関車でした。
博多から夜行列車ですが同じ列車に乗っていたかも知れないですね。
Commented by kurakame at 2012-09-19 20:17
Imaipoさん、こんにちは。
ここは駅に近い目抜き通り、いずれビルにでもなるのでしょうが。
大型店舗対策、大変なのでしょうね。
Commented by kurakame at 2012-09-19 20:19
湘南ジージさん、こんにちは。
こちらも、コメご無沙汰です。
川越の蔵の町、江戸の建物をたいせつに保存して、なお現代の街づくりの活気がありますね。
Commented by kurakame at 2012-09-19 20:26
Golfunさん、こんにちは。
同じ時代に東海道線の夜行で東京を往復していたのですね。
浜松で機関車を変えるので15分とか20分停車して、ホームで体操なんかしてました。
浜松以西がSLだったかDLだったか記憶は定かではありませんが、
ボクの田舎の彦根から京都や大阪へはいいつもSLでした。
彦根に停車する夜行急行は確か長崎からの雲仙だったか、これ1編成のみでした。
Commented by Golfun at 2012-09-19 21:13 x
懐かしいので再度お邪魔しました。
浜松まではSLで窓を開けると煤煙で目の痛みを思い出します。
雲仙、阿蘇、玄海でしょう。
12時間以上椅子によく頑張ったものです。
Commented by belage at 2012-09-19 21:24 x
この落差は痛々しいですね。これが地方都市の現実かも
知れません。わが町も似たようなもので・・・やはり全体の
パイが小さくなるとこうなるんでしょうね。
Commented by kurakame at 2012-09-19 21:39
Golfunさん、こんにちは。
上りの彦根からはもう絶対座れない、九州からの方々は大変だったでしょうね。
京都からすぐの逢坂山トンネルは難所でした。
勾配が強くてフルスロットル、8分か9分間、窓ら凄い煙がはいってきましたね。
Commented by kurakame at 2012-09-19 21:43
belageさん、こんにちは。
立地があまり良くないところならともかく、駅まで数分の大通りですから再生を期待したいところですが、
個々のちからでは如何ともし難いケースも多いのでしょうね。
Commented by ym7380 at 2012-09-19 23:22
川越 意外といい町でした、練馬区東大泉に在住のおりには よく出かけました。 切り口・眼の付けどころの鋭さが こんな写真をものにできるのですね、勉強になります・・・・・・
Commented by kurakame at 2012-09-20 08:26
ymさん、こんにちは。
おそらく、川越の蔵の町近辺はあまり変わりはないように思います。
古いPCレンズを持ち出してみたので、シフト多用しましたが
手持ちのスナップなので、パースペクティブコントロールはいい加減でした。(笑)
<< 小江戸川越 - 菓子屋横丁 炎天下の小江戸 - 蔵造りの町屋 >>