隣村散歩 - みのりの秋、町田市三輪

東京都町田市の南東端、川崎市と横浜市に接する三輪地区。

近郊住宅地が徐々に開発される中で、丘陵の自然林の谷間に小さな水田が残り、
数少なくなった農家の庭先には、今年も様々な秋のみのりの風景が見られた。

10月8日の体育の日、ポジフィルムとともに快晴に誘われての隣村散歩である。

c0156404_21113053.jpg

c0156404_21121473.jpg

c0156404_2112978.jpg

c0156404_21203743.jpg

Leica M5, Summilux-M35mm/1.4 ASPH. RVP100
by kurakame | 2012-10-13 07:25 | M5 | Comments(6)
Commented by Imaipo at 2012-10-13 07:41 x
お早う御座います
お~秋~がいっぱいです
良い気候になり外出も楽しいですね。
Commented by BobCat62 at 2012-10-13 11:43
珍しいですねぇ~
稲架掛け
天日干しは嬉しいですねぇ~~
Commented by kurakame at 2012-10-13 16:23
Imaipoさん、こんにちは。
年に何回か、この里山の表情を撮りに出かけます。
予想通りに秋満開の一日に出会うkとができました。
Commented by kurakame at 2012-10-13 16:24
BobCatさん、こんにちは。
房総ではすべてが機械化されてのコメ作りなのでしょうね。
こちらは、ごく小さな水田で、どうやらみんな手作業のようでした。
Commented by 湘南ジージ at 2012-10-13 17:04 x
見事に秋を捉えておられますね
柿、ゴーヤ、ハサバ(田舎ではこう呼ばれてました)に掛かった稲。
今日鎌倉まで走ってきました。
それは後日!!
Commented by kurakame at 2012-10-13 19:55
湘南ジージさん、こんにちは。
今日の鎌倉は絶好のチャリ日和だったでしょう。
稲架、わが関西の田舎ではハサと言っていました。似ていますね。
<< 隣村散歩 - 峠を越えて 季節の狭間に - 丸の内 >>