隣村散歩 - 寺家ふるさと村

寺家(じけ)ふるさと村、横浜市青葉区寺家町の雑木林や水田の美しい一画。
小ブログにも季節の変わり目などに時折登場してきた。

地元の農家や行政などが協力して横浜の農業を「動態保存」しようとして維持されている「横浜ふるさと村」の一つとして、
寺家ふるさと村管理運営委員会が市から委嘱されて運営されているという。

東急田園都市線青葉台駅までバスで15分ほど。


稲刈りがまだ始まっていない黄金の波もまだ残っていた。休日なので、道路端は遊びに来たひとたちのクルマで一杯。

c0156404_11182960.jpg


用水路の上も稲架用の丸太が置かれていたりする。すぐ近くまでは近郊住宅地である。

c0156404_14173657.jpg


多くの田んぼでは刈取りの真っ最中。

c0156404_11234562.jpg


c0156404_1124397.jpg

Leica M5, Summilux-M 35mm/1.4, Tele-Elmarit-M 90mm/2.8, RVP100
by kurakame | 2012-10-15 07:25 | M5 | Comments(6)
Commented by seibo616 at 2012-10-15 07:47
kurakameさん:こんにちは。
これは実りの秋満載の風景ですね。
稲束の波は参考になりました。
Commented by Golfun at 2012-10-15 11:47 x
お早うございます。
花や鳥、綺麗な風景を追っていましたが
里山や渓流なども良い写材ですね。
Commented by Imaipo at 2012-10-15 15:24 x
今日は。
良い風情ですね、昔を思い出します
最近はこうしたはさかけはなくなりました
お米は自然乾燥が美味しいですね。
Commented by kurakame at 2012-10-15 17:28
seiboさん、こんにちは。
都市の近郊に残された貴重な農村風景です。
自宅から比較的近いので、季節ごとに訪れるようにしています。
Commented by kurakame at 2012-10-15 17:30
Golfunさん、こんにちは。
足(=クルマ)が自由ならばいろいろな風景も見られるのですが。
近場と街中専門です。(笑)
Commented by kurakame at 2012-10-15 17:34
Imaipoさん、こんにちは。
今回気がついたのですが、ちかごろははさかけの稲のてっぺんに
ビニールがかけられていることが多いようでした。
ビニールの無いところをさがすのに一苦労しました。
<< ご近所モノクローム - 新しい坂の街 隣村散歩 - 峠を越えて >>