ご近所モノクローム - 新しい坂の街


郊外電車の急行停車駅のすぐ目の前、川崎市北部に残された最後の丘陵地も、
ここ10年ほどの間に、大手デペロパーによる大規模な新しい街に生まれ変わってしまった。

丘陵を伐り拓いた街であるからかなりの急な坂道や、階段も必然的に多くなる。


駅に近道の階段につながる坂道。

c0156404_16105230.jpg


この道近くにある駐車場。名残の(?)柿の木か、青い実を付けていた。

c0156404_1612144.jpg

Leica M5, Summicron(L) 50mm/2.0, KODAK BW400CN
by kurakame | 2012-10-17 07:30 | M5 | Comments(6)
Commented by Imaipo at 2012-10-17 08:20 x
お早う御座います
最近、私もモノクロで撮ってます、
花もモノクロで撮って見たりしてます
そのうちアップしたいと思ってます。
Commented by BobCat62 at 2012-10-17 11:46
昨日は茨城県の守谷に電車で行きました

秋葉原から35分、新興住宅地のメッカ

ビックリですぅ~
Commented by kurakame at 2012-10-17 15:12
Imaipoさん、こんにちは。
モノクロの奥行きはまた一段と深くて、面白みも倍増ですね。
お得意の花写真のモノクロも興味津々です。
Commented by kurakame at 2012-10-17 15:14
BobCatさん、こんにちは。
TXの開通とともに、俄然開発の進んだ沿線ですね。
願わくば、上手く自然を残した計画が進められてほしいものです。
Commented by seibo616 at 2012-10-18 08:43
kurakameさん:こんにちは。
先日小田急線で生田近辺を走ったら、山側一面が住宅地に
変貌してビックリしました。
学生時代にはまったく家がなかったのに。
Commented by kurakame at 2012-10-18 19:51
seiboさん、こんにちは。
小田原へは小田急線だったのですか。
生田もすっかり住宅地になってしまいましたが、
生田緑地の民家園と向ヶ丘遊園跡のばら苑は健在です。
<< レンズ遊びの秋のばら苑 - N... 隣村散歩 - 寺家ふるさと村 >>