レンズ遊びの秋のばら苑 - NOKTON 50mm/1.1

生田緑地ばら苑が秋の開苑期間に入ったというので、快晴に誘われてぶらり出かけてみた。

隣村散歩にデジイチは無粋だろうし、しばらくぶりにミラーレスG1に大口径ノクトンと、普通にテレエルマリートの2本のレンズ。


ミラーレス機の1期生G1も発売以来数年も経つと、もうクラシックカメラの仲間入り状態であるが、
MFでのピント合わせは、とても老眼で手を伸ばしての液晶画面では無理なので、ここではG1出動である。


まずはノクトン。当然絞り解放F1.1、最短距離1.0mで、あとは人間ズーム(?)。

このような場所で三脚立てる気もなく、勇気もなく、
拡大画像のMFアシストはあるものの、F1.1、50mmのピント面は紙1枚ほどか、
息を止めて(!)、カメラの微妙な前後の動きに最大限の注意を払ってのシャッター。

どんな写りになっているのかは、パソコンで拡大するまでは良く分からない。まあ、どこかにピントはきている筈だ。

c0156404_13555769.jpg

c0156404_13562163.jpg

Panasonic LUMIX G1, NOKTON 50mm/1.1 (ND8)
by kurakame | 2012-10-19 07:32 | Comments(10)
Commented by Imaipo at 2012-10-19 08:27 x
お早う御座います
私は何処へ行っても三脚なしで楽しんでます
道具が増えるのが嫌で(笑)手持ち専門です
ブレブレが多くなりますがそれもしょうがないと
その写真も私の写真だと満足してます。
Commented by bella at 2012-10-19 12:45 x
素晴らしいバラを 美人さんに撮って差し上げましたね 日向ですと色が飛ぶし
ハレーションが起きるし、私などには とても気難しい対象です!
さすが クラカメさん!

稲穂の色を拝見して、見に行かなくちゃっと 焦りました・・  ^&^
Commented by kurakame at 2012-10-19 17:00
Imaipoさん、こんにちは。
同感です。
デジイチのときはカメラも重いのに、よほどの時でないと三脚は持参しません。
それに一般のひとたちに迷惑をかけそうになることも多いですね。
Commented by kurakame at 2012-10-19 17:02
bellaさん、こんにちは。
花写真は得意ではありませんが、バラの季節になると一度ぐらいは出かけることになります。
まともに立ち向かうとなかなか手ごわい相手のようなので、
このようなオアソビ写真でお茶を濁しています。(笑)
Commented by chiara at 2012-10-20 00:34 x
旧古河邸のバラ祭りのポスター目にして焦っているのですが、なかなか行けません。

三脚持つなんてこと、端から考えず、最近はとうとう、
ミラーレスのズームすら面倒になり、ペンにパナの単焦点付けてます。
それでもブログはもっぱらiPhoneでごまかし。。。(~_~;)
Commented by kurakame at 2012-10-20 07:40
chiaraさん、こんにちは。
旧古河邸のバラもそろそろピークを迎えるころでしょうか。
パナの単焦点、20mmだと、相当近づけるので花撮りもグーですね。
Commented by bluebrops_angela at 2012-10-21 07:16
おはようございます。
薔薇の花 綺麗 とても素敵ですね(^-^)

私はどこに行っても三脚を立てる勇気が無くて、いつも手持ちです。
薔薇の花って心惹かれますが、撮るのがすっごく難しくて、いつも酸欠になります(笑))
Commented by kurakame at 2012-10-21 07:59
angelaさん、こんにちは。
裏磐梯の、ちょっと早めの黄葉、素敵でしたね。
おっしゃる通り、薔薇の撮影はとても難しいです。
本気で花写真撮ったことはあまりありませんが、今回は大口径レンズで遊んでみました。
Commented by ほどほど at 2012-10-21 09:03 x
お早うございます。
相変わらずカメラを楽しんでおられますね。
本体とレンズの組み合わせ、それだけでも楽しそうですね。
お出かけの時、各機種から不満がでないよう可愛がってください。
Commented by kurakame at 2012-10-21 17:20
ほどほどさん、こんにちは。
そでほど機材があるわけではありませんが、
目的によって、カメラを替え、レンズを選んで出かけることになります。(笑)
<< 調布飛行場祭り 2012 ご近所モノクローム - 新しい坂の街 >>