品川、高浜運河


都心近くの東京湾岸は、網の目のように大小の運河が独特の景観を見せている。

これらの「運河」は、云うまでもなく掘削されて出来たものではなく、
そのほとんどは年月をかけての埋め立てにより、「残された東京湾の水面」だといえるものであろう。

品川駅の東側の再開発による現代風なビル群を抜けて出会った運河は高浜運河と名付けられている。

あまりにもきれいに整備されて、河岸には立派な遊歩道が続いている。
昼刻をちょっと過ぎたせいか、人通りもあまりない。

下流の、ちょっとモダンな雰囲気の天王洲運河や、上流の入り組んだ芝浦運河の支流の船溜まりも無くて、
あまりにもさっぱりし過ぎなのは、再開発と呼応した機能的なデザインなのだろうか。


ここは船の往来も少ないようだったが、ようやく警備船が一艘通過していった。

c0156404_10464989.jpg


ランチを終えた風情のスーツ姿の二人は急ぎ足にオフィスへ戻るのか。

c0156404_10454678.jpg

Leica M9, Elmarit-M 28mm/2.8
by kurakame | 2012-11-04 07:30 | M MONO | Comments(4)
Commented by Imaipo at 2012-11-04 08:18 x
お早う御座います
綺麗なところですね、静かでゆっくりできそうですね
隅田川にも遊歩道がありますが以前はテント小屋が
あり臭いましたが最近は綺麗になってきました。
Commented by ym7380 at 2012-11-04 09:29
おはようございます。
いつも拝見する度に東京が懐かしくなります。
そして新しい東京を見せて頂き感謝しています。
これもクラカメさんの素晴らしい描写力によるものです
有難うございます。
Commented by kurakame at 2012-11-04 16:45
Imaipoさん、こんにちは。
ここの遊歩道も。隅田川テラスと同じような設計になっているようです。
こちらではテントは見当たりませんでした。
Commented by kurakame at 2012-11-04 16:47
ymさん、こんにちは。
郊外に住んでいるので、近頃は街中に出かける機会がめっきり少なくなっています。
<< ボデイキャップレンズでご近所歩き 11月、品川 >>