日本民家園 - 宿場の街秋景

(続・続)川崎市立日本民家園からの秋景色。

宿場の街。信州伊那からの薬種屋を坂の上から見下ろす。板葺き屋根に玉石を並べた工法はこの地域の特色を良く表している。

霞か霧か、股旅姿が現れそうな雰囲気だが、これは囲炉裏の煙であった。

c0156404_15142656.jpg

LEICA M5, NOKTON clasic 35mm/1.4 (sc), Fujicolor Premium 400
by kurakame | 2012-11-12 07:33 | M5 | Comments(12)
Commented by seibo616 at 2012-11-12 08:49
kurakameさん:こんにちは。
懐かしい民家園ですね。大昔大学が近くにあって
よく出かけました。
囲炉裏の煙が良い雰囲気ですね。
Commented by bluebrops_angela at 2012-11-12 09:21
おはようございます。日本の原風景を感じるような風情ですね。
立ち上る煙がなんとも味わい深いです。手前のススキも良いですねぇ~♪
屋根に石が乗っているんですね。どこかで見たような気がします。
あっ!もしかしたら新潟だったかな??

Commented by ramble-leica at 2012-11-12 10:16
フイルムとのマッチングがいい雰囲気を醸し出していますね・・・
Commented by kurakame at 2012-11-12 17:00
seiboさん、こんにちは。
日本民家園は川崎市の入念な管理運営のもとに、ますます元気になっています。
Commented by kurakame at 2012-11-12 17:02
angelaさん、こんにちは。
板屋根に石を載せる工法はたぶん、信州から越後あたりではないかと思います。
新潟でご覧になったのかもしれませんね。
Commented by kurakame at 2012-11-12 17:03
ramble-leicaさん、こんにちは。
相変わらず、ネガカラーのスキャニングは上手くいきませんが。(笑)
Commented by kurobei-LEICA at 2012-11-12 17:12
kurakameさん、こんにちは~♪

紅葉の中の煙はなにか暖かそうな感じがしてほっとします。
見ているだけでお腹が空いてきました。
Commented by Neoribates at 2012-11-12 17:35
先日は写真展にお出でいただきありがとうございました.
お礼が遅れまして,失礼しました.
紋次郎でもまさにあらわれそうな雰囲気ですね.秋の信州もいいだろうなぁ.
Commented by kurakame at 2012-11-12 21:41
kurobei-LEICAさん、こんにちは。
何時も2,3棟は順繰りに囲炉裏に火を入れているのですが、
たまたま薪の燃え具合か気流の状態か、こんなに煙が出ていました。
Commented by kurakame at 2012-11-12 21:43
Neoribatesさん、こんにちは。
写真展、お疲れ様でした。ご挨拶が後になって失礼いたしました。
皆様のすばらしい作品に、いつも勉強させていただいています。
Commented by belage at 2012-11-13 16:39 x
おお、まさに木枯紋次郎さんが楊子をくわえて立っていても
不思議はないですね。
いい写真です。ススキがまたワンポイントでけぶりとの対比が
いいですねぇ。
Commented by kurakame at 2012-11-13 17:19
belageさん、こんにちは。
木枯紋次郎、あまり映画を見ていないのですが、なんとなく雰囲気ですね。
その昔、紋次郎役の中村敦夫氏とは仕事でお付き合いいただいていました。
<< 銀座ウオッチング - シルエット 日本民家園 - 床上公開 >>