早春の三溪園 - 岡本茂男写真展


そろそろ梅の盛りを迎える横浜・三溪園に岡本茂男さんの写真展「三溪園の建築とともに」を観る。


建築写真家、岡本茂男さんとは半世紀近くお付き合いを頂いたが、惜しくも一昨年82年の生を静かにに閉じられた。

岡本さんは、とくに後半生は日本建築の写真表現に取り組み、「桂離宮」や「厳島神社」をはじめとする数々の名作を残されている。

1982年、「厳島神社」で毎日出版文化賞特別賞を受賞された。


三溪園の古建築にも熱心に取り組まれていたが、今回、同園所蔵の作品展が開催されたので、懐かしさも手伝って駆けつけた。

優しい性格の岡本さんであったが、建築に対する姿勢は一貫して正攻法、
何の衒いもない堂々たるカメラアイが岡本流であったことを再認識する作品群との再会であった。


c0156404_17183314.jpg

Leica M6, Summilux-M 35mm/1.4 ASPH., RVP50
by kurakame | 2013-03-06 07:33 | M6 | Comments(12)
Commented by Imaipo at 2013-03-06 08:44 x
お早うございます
三溪園は1度訪れました
茅葺の民家が移築されて囲炉裏で火を焚いて
屋内を燻していました、管理も大変ですね。
Commented by ym7380 at 2013-03-06 10:27
おはようございます。
いつものようにセンスあふれる作品ありがとうございます。
三渓園は横浜市青葉区市が尾在住の頃よく出かけました。
懐かしく拝見しました。
Commented by twinkle-keko at 2013-03-06 12:24
Leica独特の味わい、いいですね。。。
背景の五重塔のボケ具合、そしてチラホラ咲く梅花、絶妙のコンビネーションです!
こういうお写真を拝見するにつけ、Leicaの魅力を再認識してしまいます。
Commented by kurakame at 2013-03-06 15:27
Imaipoさん、こんにちは。
萱葺屋根の建物は、防虫、防腐に囲炉裏の煙が絶やせないようですね。
ここは、由緒正しい古建築が数多く移築保存されています。
Commented by kurakame at 2013-03-06 15:29
ymさん、こんにちは。
市が尾だったのですか。ボクは川崎市の麻生区ですから、ちょっと遠い隣村です。(笑)
Commented by kurakame at 2013-03-06 15:32
kekoさん、こんにちは。
実はM6のバッテリー消耗で、アバウトな露出。へんな発色になってしまいました。
佐川美術館、いいですね。
予約で、樂さんの茶室も拝見したことがあります。
Commented by Pubcom156 at 2013-03-06 22:31
こんばんは
三溪園、なぜだか中国の名園な趣を感じます(香港以外には行ったことがありませんが)
春の淡いそして微睡を思い起こさせる良い感じですね
Commented by kurakame at 2013-03-07 20:43
Pubcomさん、こんにちは。
やはり、日本建築や庭園のルーツは彼の国にあったことが改めて思われますね。
Commented by syaaijin at 2013-03-07 21:06
こんばんは (*^_^*) ♪
被写体を求めて横浜まで来ましたか‥‥
syaaijinの地元、横須賀まで間近ですね\(^o^)/☆(笑) お待ちしてますよ♪
Commented by kurakame at 2013-03-07 21:58
syaaijnさん、こんにちは。
三溪園はずいぶんと久しぶりでした。
岡本さんの写真展に、梅の時期を見計らっての遠征(?)です。
Commented by peke001 at 2013-03-09 19:21
被写界深度浅いんですね、なかなかこのようには撮れません。
Commented by kurakame at 2013-03-09 22:11
ペケちゃんさん、こんにちは。
フルマニュアルのカメラに低感度フィルム(ISO50)、絞りはf2.8でした。
近く(3mぐらい)にピントを持ってきていますので、遠景はボケてくれました。
<< 早春の三溪園 - 臨春閣 銀座ウオッチング - リフレクション >>