隅田川春めく - 佃堀


江戸時代、佃島、石川島埋め立てで、一部が残された佃堀は隅田川に通じていて、
釣り船の船溜まりとなっている。

高層マンションと整備された公園、住吉神社と在来のれとろ住宅群等々、不思議と調和しての佃である。


ぽかぽか陽気になった日、係留されている釣り船の上でアサリの処理をしている漁師さん。

後方は住吉神社。

c0156404_1062821.jpg

c0156404_1064021.jpg

Leica M9, Elmar-M 50mm/2.8
by kurakame | 2013-03-20 07:33 | M9 | Comments(4)
Commented by Imaipo at 2013-03-20 08:28 x
お早うございます
佃島、良い街ですね
最近行ってないです、写真を見たら
行ってみたくなりました。
Commented by kurakame at 2013-03-20 17:13
Imaipoさん、こんにちは。
暫らくぶりで、新川から佃を歩いてきました。春の光がいっぱいでした。
Commented by ramble-leica at 2013-03-20 23:15
大都会の東京にもほんわかとするところがあるんですね・・・
Commented by kurakame at 2013-03-21 08:21
ramble-leicaさん、こんにちは。
佃は、江戸初期に家康によって開発(埋め立て)されたのですが、
銀座から歩いても20分ぐらいの都心です。
<< 新川二丁目のシルエット 玉縄桜満開の休日 >>