桜の樹の下 - 多摩川、二ヵ領用水

桜の樹の下。

「桜の樹の下には・・・・」 (梶井基次郎)、とか「桜の樹の下で」 (渡辺淳一)、などが脳裏をよぎるが。

満開を迎えた、二ヵ領用水の取水口である多摩川畔と、その用水路のウッドウオークの、週日の桜の樹の下である。


世代は違うが、微笑ましい情景に出会った。

c0156404_925334.jpg

c0156404_9359.jpg

leica M9, Elmarit-M 28mm/2.8 (3rd)
by kurakame | 2013-03-29 07:33 | M MONO | Comments(12)
Commented by Imaipo at 2013-03-29 08:41 x
お早うございます
天気模様がはっきりしませんね
1枚目の写真良いですね。
Commented by ほどほど at 2013-03-29 09:54 x
立派な樹の下を二人連れが占有していますが、人影が少ないようですね。天気が悪いせいかな?
奈良では週末に満開を迎える気配です。
Commented by ramble-leica at 2013-03-29 11:03
本当,まんかいですね。
うまくさくらの下,ペアーで捉えられて,まさに春爛漫といったところですね・・・
Commented by chiara at 2013-03-29 14:01 x
私の脳裏をよぎるのは、坂口安吾です。

いつも思うのですが、風景に入ってくる人の描写が素晴らしく、
こんな風に撮れたらな〜と、ただただ憧れます。
Commented by belage at 2013-03-29 14:25 x
渡辺淳一さんも桜の木の下という小説を買いているのですか。
日経で最近自分の履歴書を書かれ読ませてもらいましたが、
はやり変な人でした(爆)
今年の桜は随分と長持ちしてくれて。ありがたいことです。
Commented by kurakame at 2013-03-29 14:32
Imaipoさん、こんにちは。
昨日は予想外に晴れてくれましたが、まだ2,3日は花は持ちそうですね。
Commented by kurakame at 2013-03-29 14:35
ほどほどさん、こんにちは。
ご当地もそろそろ満開を迎えそうですね。
この写真の後ろ側では週日にも関わらず何組もの花見団らんがみられました。
こちらは、河川敷でややアプローチに難があり若い人むきだったのでしょう。(笑)
Commented by kurakame at 2013-03-29 14:37
ramble-leicaさん、こんにちは。
このような場所で花見のお弁当。モノズキなカメラの餌食になること間違いなしです。(笑)
Commented by kurakame at 2013-03-29 14:40
chiaraさん、こんにちは。
安吾ですね。chiaraさんのブログで拝見していましたが。
ボクにはもっと通俗的な淳一でした(笑)。ここで彼はたしか基次郎を引用していたように。
Commented by kurakame at 2013-03-29 14:43
belageさん、こんにちは。
渡辺淳一さんの「桜の樹の下で」は、彼のお得意の小説で、
たぶん京都の満開の桜を女性とともに見るシーンか何かだったような。
Commented by ヒューマン at 2013-03-30 19:30 x
こんばんは
昨日は暖かったのですが、今日は寒かったです。せっかくの花見も人が少なかったですね。来週には散ってしまい、花の命のあわれを感じます
Commented by kurakame at 2013-03-30 20:01
ヒューマンさん、こんにちは。
満開を迎えて、気温の低い日が続きました。
お陰で、今週末まで楽しめましたが、日曜日もお天気はイマイチのようですね。
<< 名残の桜 - 田安門から北の丸公園 桜満開を迎えた 二ヵ領用水 >>