モノクロームの街歩き - 若葉二丁目


桜が散り始めた先日、写真仲間のグループ展の後、久しぶりで訪れた四谷の住宅街を短時間だが歩いてみた。

四谷駅に近い新宿通りの南側の住宅地は、新宿区若葉〇丁目という住居表示である。
なるほど、その昔からここにある有名な「たいやき屋」の名前はこの地名によるのか、と再認識。

当時は文化放送もこの辺にあったのだが、いつの間にか引っ越していたようだ。


さすがの都心の住宅地、中低層のマンションや戸建住宅も瀟洒で比較的新しく建てられたものも多いように見かけるが、
昔ながらの道路が残っているのも、住宅地としてのヒューマンスケールが感じられていいものだと思ったりする。

c0156404_1132015.jpg

c0156404_1132947.jpg

LEICA M5, Summicron (L) 50mm/2.0, ILFORD XP2 Super
by kurakame | 2013-04-08 07:31 | M5 | Comments(14)
Commented by Imaipo at 2013-04-08 08:31 x
お早うございます
都会の風景ですね
なんとなくお洒落な感じです、
都心の街歩きも楽しそうですね、
Commented by seibo616 at 2013-04-08 10:33
kurakameさん:こんにちは。
芝桜と富士山の綺麗なカラーから一転して、良い風情です。
特に女性の足首が良いです。
Commented by peke001 at 2013-04-08 13:54
この界隈はお寺の多いところですね。
住宅街の道路は直線ではなく変に交差しています
車の暴走止めになっているのかもしれませんね。
Commented by kurakame at 2013-04-08 15:27
Imaipoさん、こんにちは。
特別な写材を決めていないぶらり歩きでは、写真も散漫になってしまいます。(反省)
Commented by kurakame at 2013-04-08 15:30
seiboさん、こんにちは。
このあたりはモノクロが続く予定(?)だったのですが、イロモノ(!)を追加した次第です。(笑)
シルエットのきれいな人物にはなかなか遭遇しませんね。
Commented by kurakame at 2013-04-08 15:32
ペケちゃんさん、こんにちは。
云われてみれば、この辺りも寺町なのですね。
曲がりくねったり、直角に折れたりの道は、江戸時代からの名残でしょうか。
Commented by belage at 2013-04-08 18:48 x
モノトーンでもはっきりと春の気配が感じられますね。
流石です。何気ないショットに色々とメッセージを籠められて。
Commented by ramble-leica at 2013-04-08 18:55
ライカの定番ズミクロン、やはり落ち着きます・・・
Commented by bluebrops_angela at 2013-04-08 20:56
ご無沙汰してしまいごめんなさい。
何とか落ち着いてやっと再開しました。
また宜しくお願いします(^-^)
Commented by kurakame at 2013-04-08 22:00
belageさん、こんにちは。
若いころに先輩と事務所を始めたのが、四谷でした。
この若葉とは新宿通りをはさんで反対側だったのですが、ひさしぶりの四谷です。
Commented by kurakame at 2013-04-08 22:03
ramble-leicaさん、こんにちは。
近頃のデジ、カリカリレンズから比べると、どこかのんびりとした描写のようです。
最初期の沈胴Lマウントです。もう少し活躍してもらわなけれは・・。
Commented by kurakame at 2013-04-08 22:06
angelaさん、こんにちは。
お帰りなさい(!)。先日の根津ではお会いできませんでしたが、
お元気そうなご様子で一安心しておりました。
またゆっくりと無理をしない程度に、ブログを楽しみにしています。
Commented by ym7380 at 2013-04-09 22:28
こんばんは
何時もコメントなしでスミマセン。
いつもセンスあふれる写真に圧倒されてコメントoffに
何時か こんな写真が撮れますよう日々頑張っているのですが、
とても とても 更新されるたびに拝見しています。
有難うございます。
Commented by kurakame at 2013-04-10 07:48
ymさん、こんにちは。
いつも過分のお褒めをいただき恐縮です。
当方も瀬戸内風景たのしく拝見していますがコメントをつい失礼しています。
<< モノクロームの街歩き - 迎賓館 芝桜の富士 - 春の嵐のあとに >>