休日の寺家ふるさと村へ - 田植え


梅雨の中休みとかの晴れた日曜日、そろそろ田植えの頃ではないかなと、寺家ふるさと村へと出かけてみた。

寺家(じけ)ふるさと村、横浜市青葉区の北端、
東京都町田市に接して丘陵の谷間に巾100m弱、長さ1kmほどの水田が残る。

この水田は、地元や行政の努力で、在来農業の伝統を残して耕作が続けられ、
丘陵の雑木林の自然公園とともに、寺家ふるさと村として、近隣、近在の住民の憩いの場所としても貴重な存在となっている。


この日はちょうど田植えの最中、田植えはこの狭い水田でも小型の機械で行われていた。
c0156404_14361752.jpg


既に田植えが終わった水田にも、ところどころに早苗を持った人の田植え姿が。
田植え後のチェック作業をしていたようだ。
c0156404_1436277.jpg

Leica M9, Tele-Elmarit 90mm/2.8
by kurakame | 2013-06-10 07:19 | M MONO | Comments(2)
Commented by Imaipo at 2013-06-10 08:29 x
おはようございます
田植え風景、見てる私は長閑に感てます
日本の風景、最近こうした田植えも珍しいですね
田植え機に乗って植えてる農家が多くなってますね。
Commented by kurakame at 2013-06-10 15:53
Imaipoさん、こんにちは。
このように狭い水田では、手植えかと思っていたら、小型の田植え機械があるのですね。
<< 寺家ふるさと村 - 休日の子供たち 蔵の街小江戸とちぎ - 廃屋、... >>