日本民家園から - ポジフィルムで萱葺屋根の表情を


梅雨の中休みが結構続いているが、すっかりと深緑に包まれた生田緑地

かなりの年代物のライカ(M5、1973年)に、60年前のレンズ(スミクロン50mm沈胴、1953年)を付けて日本民家園を散策。

フィルムの選択には、いつも迷うのだが、この迷いはデジでは味わえない醍醐味。
ポジフィルムのベルビア100を選んで萱葺屋根の表情を追ってみた。

萱葺屋根の手入れはなかなか大変で、材料の萱も入手難とか。民家園では、順次葺き替え作業も進められている。


合掌造りの屋根の軒の線を見る。越中五箇山からの旧山田家。18c初め。
c0156404_1042163.jpg


九十九里から移築された網元の旧作田家。竹藪をバックに「すがる破風」も印象的。17c後半。
c0156404_103656.jpg

LEICA M5, Summicron (L) 50mm/2.0, RVP100.
by kurakame | 2013-06-18 07:38 | M5 | Comments(10)
Commented by Imaipo at 2013-06-18 08:13 x
おはようございます
話は違いますが昨日TVで8/mmフィルムのカメラを楽しんでいる
若者の話題でした、現在はフィルムもなく大変であそうですが
デジタルと違う画質が良いと言ってました、懐かしい見たことがある
カメラを使ってる若者の笑顔が良かったです。
Commented by 湘南ジージ at 2013-06-18 09:36 x
お早うございます 
故人になってしまいましたが 小生の義兄も熱狂的なカメラマニアで
自宅に暗室まで作り、現像・焼き付け・引き伸ばしまで全部自分で
やってました。
写真展へも度々応募してました。
Commented by kurakame at 2013-06-18 15:42
Imaipoさん、こんにちは。
8mmですか、懐かしいですね。
ブームのころ、ちょっと遊んだ記憶がありますが、以後デジの動画にも
手を染めていません。
Commented by kurakame at 2013-06-18 15:46
湘南ジージさん、こんにちは。
学生時代にはお座敷暗室で現像・引き伸ばしもやりましたが、
専用の暗室までお持ちとはさすがでしたね。
先年、ブロ友さんで引き伸ばしをやられる方に、引き伸機は里子に出しました。
Commented by KONDOH at 2013-06-18 22:00 x
こんばんは。
私、ずっとM5を手にした事がなかったのですが、先日新宿の某ショップでデモ用のM5を初めて操作してみました。
やはり大きいですね。
Commented by kurakame at 2013-06-19 07:52
KONDOHさん、こんにちは。
数年前に衝動買い(笑)、メーター不具合のものが多いとかで敬遠していましたが、目下完動です。
やはり、大きく、重いですが、使い勝手はなかなかグーですね。
Commented by seibo at 2013-06-19 08:56 x
kurakameさん:こんにちは。
学生時代は大学の研究室の暗室で、現像・焼付・引き伸ばしを
やりました。
フィルム2本を同時に現像したこともありました。
Commented by kurakame at 2013-06-19 13:27
seiboさん、こんにちは。
ボクらの時代は、もちろんフィルムオンリーだったので、
ちょっと写真をやろうという人たちは、みんな自分で現像・焼き付け・引き伸ばしをやりましたね。
Commented by 里子の姉 at 2013-06-19 15:26 x
可愛い里子チャン、震災以来、大切に段ボールに片付けまして、しまっています。(涙) そろそろ再活躍を願うところです。
我が家の壁には、モノクロ師匠の写真を数点飾っているのですが
落ち着いて良いですね。
Commented by kurakame at 2013-06-19 17:14
里子の姉さん、こんにちは。
モノクロームの銀塩プリントはデジタルに代えがたい深みがありますね。
残念ながら、展覧会を開くほどの作品も無く、かろうじてブログの小さなサイズのみでは、
手っ取り早い、スキャニングに頼っている小生の昨今です。
フィルムも、近所のミニラボでネガカラー現像のできるXP2がメイン。
ご本業快調のご様子、当分はまだ里子チャンはお休みでしょうね。
<< 深緑の日本民家園から - 沖永... 生田緑地のハナショウブ >>