深緑の日本民家園から - 沖永良部の高倉


深い緑に包まれた日本民家園

移築されてきた20棟あまりの古民家は大部分が関東、信越、東北からのものである。
屋根のカタチも、いきおい萱葺のあのイメージのものがメインであるが、
やや、ユニークな屋根のフォルムや建物の構造を持つ一棟がある。

沖永良部からやってきた高床の穀物倉庫である。


建物は4本の太い丸柱で完全に2階部分の高さにまで持ち上げられて、近代建築でいうピロティ形式になっている。
巨匠ルコルビュジエが提唱したピロティ様式は20世紀の初めであるから、この高倉の方が半世紀ほども早いということになる。

急こう配の、方形に近い寄棟の屋根の、何本もの竿縁は台風に備えてのものか。
c0156404_13163159.jpg


丸柱の上部にはネズミの侵入を防ぐために、金属板が巻きつけられている。
梯子を掛けて、床下から内部に出入りする。
c0156404_13183991.jpg

LEICA M5, Summicron(L) 50mm/2.0, RVP100
by kurakame | 2013-06-20 07:21 | M5 | Comments(4)
Commented by Imaipo at 2013-06-20 09:00 x
おはようございます
大昔の方はこのような建築技術を持っていたんですね
城にしろ寺院など重機もない時代に良く建てたなと
見ると感激します、
Commented by ramble-leica at 2013-06-20 16:20
旧い玉だけあって,フイルムの情緒たっぷりですね・・・
Commented by kurakame at 2013-06-20 17:11
Imaipoさん、こんにちは。
建築の技術は洋の東西を問わず、相当の昔からすばらしいものがありますね。
Commented by kurakame at 2013-06-20 17:13
ramble-leicaさん、こんにちは。
ほとんど、ズミクロンの歴史の最初に近いバージョンですね。
このところポジのスキャンもなかなか上手くいきません。
<< 銀座ウオッチング - S.W.... 日本民家園から - ポジフィル... >>