ビルの隙間 - 恵比寿ガーデンプレイス


ある程度の距離を置いて2つ以上の立体が存在すると、それぞれの間の空間が意味を持つようになることがある。

立体が建物となり、それらの間隔が狭くなると、路地となったり隙間と呼ばれたりする。


恵比寿ガーデンプレイスの複雑な棟の配置はなかなか面白い。

なかでも、いつもの東京都写真美術館は高層のガーデンプレースタワーとガーデンホールとの3つの棟が接近して創られていて、
その隙間、あるいは通路は高い天井からトップライトが採り入れられて、ビル内の通路のインテイリアに仕立てられている。


写真美術館には、立派なエントランスがあるのだが、アクセスの関係から、
美術館へは二つの隙間通路を利用することの方が多い。

一方は、いつか紹介した、館蔵の名作写真の大型パネルの通路であり、
もう一方が、メインのガーデンに通じるこちらの隙間である。

c0156404_13381352.jpg

Leica M6, Super Wide-Heliar 15mm/4.5, Fujicoro PRO 160


「グループしゃとる」写真展のお知らせ

↓詳しくは More欄をクリック。




第5回 「グループしゃとる」 写真展 ~それぞれの瞬間(とき)~

日時 : 7月8日(月) - 7月12日(金)    11:00-19:00 (初日 12:00~、最終日 ~17:00)

会場 : 西新宿・エステック情報ビル 2F  <クリスタル スポット>

      新宿区西新宿1-24-1 (新宿駅西口から3分、アクセス詳細はこちらクリック)



「グループしゃとる」

カルチュアセンターの写真OB、OGを中心に新しい仲間も加わっての中高年写真愛好家グループ。

写真家酒井憲太郎先生を講師に、月1回の撮影行、講評会を楽しんでいる。現在メンバーは16名。

年に1回のグループ展は半切のプリントを1人2点展示。


今展、kurakameの在廊予定は、10日(水)15:00-19:00、12日(金)11:00-17:00.
by kurakame | 2013-07-05 07:23 | M6 | Comments(8)
Commented by Imaipo at 2013-07-05 08:31 x
おはようございます
良い雰囲気の通路ですね
写真美術館一度訪れてみたいと思ってますが
いまだ実行されてません、機会を見つけて(笑)
Commented by seibo616 at 2013-07-05 08:58
kurakameさん:こんにちは。
素晴らしい都市空間ですね。颯爽と歩く女性が素敵です。
Commented by belage at 2013-07-05 16:53 x
いや~、いつも見慣れた場所ですが、やはり感性の違いが・・・
降参です。
Commented by kurakame at 2013-07-05 17:08
Imaipoさん、こんにちは。
都写真美術館では、何時も何かしら素晴らしい展示が行われていますね。
ちょっと、そちらからでは都心横断になりますが、是非どうぞ。
Commented by kurakame at 2013-07-05 17:10
seiboさん、こんにちは。
この「隙間」はあまり人通りは多くはありません。
たまたま、素敵な女性がカメラの前を通過してくれました。(笑)
Commented by kurakame at 2013-07-05 17:12
belageさん、こんにちは。
感性なんてものではありません。(笑)
若し何か見どころがあるとすれば、たぶん、それはひたすら超広角レンズのせいではないでしょうか。
Commented by bella at 2013-07-06 09:41 x
冒頭のお言葉、 なるほど、成程と うなずかせていただきました
例えは違うかもしれませんが ポジの部分ばかり見ていた時、 
ふとネガに気づいて その形の面白さに驚くことがあるのです・・・!
建築界の ネガなんて 規模がすごくて なかなか指摘していただかなければ
気づかないところでした~~!
確かに 建物と建物のあいだのスペースって 大切ですね
Commented by kurakame at 2013-07-06 18:09
bellaさん、こんにちは。
昔、建物を設計するときに、いつもカタチのネガティブな面も意識するようにしていたのを、ふと思い出しました。
街のスカイラインもビルによって切り取られた残りの大空というわけです。
<< 梅雨明けの七夕 モノクロームの街歩き - 相模... >>