日本民家園 - 秦野の小正月(上)


川崎市立日本民家園の小正月。

「どんど焼き」など各地で行われる小正月、神奈川県秦野から移築された旧北村家住宅では
毎年、秦野地区で行われていた小正月の行事が公開されている。

内容は主に、年神を迎え農作物の豊作を予祝することのようで、
ナラの木の枝に米の粉でつくったダンゴをたくさん突き刺した「モノヅクリ」や
「ケズリカケ」、「マユダマ」、などを作って神棚に奉げる。


快晴の朝、北村家前では、民具製作技術保存会や炉端の会の人たちが準備にいそしんでいた。
画面右側は、この行事に体験参加の人たちの受付け待ち。定員30名。

旧北村家住宅: 貞享四年(1678)の墨書が発見されている。国指定重要文化財。

c0156404_17441881.jpg


ケズリカケ」を作る。ニワトコの木を上下から削って中央で花のカタチにする。
c0156404_931215.jpg


体験参加の女の子が興味深そうに。縁側に並べられたのが出来上がった「ケズリカケ」
c0156404_9311653.jpg
NIKON D600, AF NIKKOR 24mm-85mm/2.8-4 D
by kurakame | 2014-01-15 07:41 | D600 | Comments(6)
Commented by Imaipo at 2014-01-15 09:01 x
おはようございます
ケズリカケ初めて見ました、
マユダマ、紅白の団子を枝に刺したものなどは
見たことがあります、いろいろな風習があるんですね。
Commented by ヒューマン at 2014-01-15 10:36 x
おはようございます
ケズリカケ 全く知りませんでしたね
神様にお供えするのですね。その土地の風習なのでしょうか
Commented by kurakame at 2014-01-15 13:12
Imaipoさん、こんにちは。
マユダマは語感からも納得できますが、
ケヅリカケ、ほんとに削りかけなのですね。(笑)
Commented by kurakame at 2014-01-15 13:15
ヒューマンさん、こんにちは。
ケヅリカケ、ここで初めて目にかかりました。
神様へのお供えなのですが、どういう来歴があるのか分かりません。
秦野なんて、いまではすぐお隣なのに、昔は遠方だったのでしょうね。
Commented by arufaand at 2014-01-15 23:05 x
こんばんは。
久しぶりの600、重さよりも安定感があっていいもんでしょう・・・
我が家の近くも以前はどんど焼きをやっていましたが、今はもう其の火が、煙がといううことで・・・寂しくなりますね。
Commented by kurakame at 2014-01-16 08:07
arufaandさん、こんにちは。
この日は街ぶら無しだったので、600とズームを持ち出してみました。(笑)
たまには使ってやらないといけませんね。
<< 日本民家園 - 秦野の小正月(下) 夕暮れ刻に新宿西口モザイクスト... >>