冬晴れの日本民家園 - 旧作田家住宅


休日だが真冬の民家園もさすがに午前中は来訪者はあまり多くない。

この日秦野の北村家で行われた小正月のイベントには、これを目当ての見物客はある程度は集まっていたが。


お昼前に北村家の小正月が終わって、霜解けの道を気ににしながら一通り園内を歩いて行く。

先ほど北村家で見かけた白人系の女性の二人連れに
九十九里の網元の家(作田家)の前の陽だまりでまた出会った。

彼女たちは、小正月のイベントは知らずに民家園を訪ねてきたようで、他の民家をも熱心に見て回っていた。

c0156404_15174498.jpg

c0156404_15213347.jpg

NIKON D600, AF NIKKOR 24mm-85mm/2.8-4 D
by kurakame | 2014-01-18 07:26 | D600 | Comments(4)
Commented by Imaipo at 2014-01-18 08:35 x
おはようございます
沢山の家が移築されているようですが
維持管理も大変でしょうね
以前茅葺屋根の民家は囲炉裏で木を燃やして
煙を屋内萱などにつく虫の駆除でと聞きました
ここでも行われているのでしょうね。
Commented by seibo at 2014-01-18 10:55 x
青い空と古民家にカラフルな人が良い雰囲気です。
Commented by kurakame at 2014-01-18 17:16
Imaipoさん、こんにちは。
ここには20棟あまりの古民家が移設展示されています。
日替わりで、一日3棟程度で囲炉裏を燃やしての床上公開がされています。
Commented by kurakame at 2014-01-18 17:18
seiboさん、こんにちは。
どうしても木々の緑が沈んでいる冬場の古民家は地味に見えます。
カラフルな衣装の若い女性を見逃すわけにはいきません。(笑)
<< ご近所歩き - 寒の夕暮れ 日本民家園 - 秦野の小正月(下) >>