モノクロームの隣村歩き - 改修中



週末はようやく春の先触れのような暖かい日になったが、空模様は曇りがちだったり、小雨が降ったり。

M5にモノクロームのフィルムを詰めての隣村歩きは、旧公団城下町。


丘の高い場所に大型の公団団地が出来て、その周りに民間の社宅などの集合住宅、
さらにその周辺が戸建住宅用地として開発された。(勝手に公団城下町と呼ぶことにしている)


公団はすでに第二世代の中高層集合住宅に建て替えられ、民間の社宅も第二世代に変わりつつあるが、
早々と建て替えられて集合住宅や分譲マンションになったところは、外装などの改修工事があちらこちらで始まっている。


私鉄駅への近道の坂道を下って行くと、突如正面にクリスト(christo)のミニ版(笑)かと思える光景が顕われた。

c0156404_9454789.jpg

LEICA M5, NOKTON classic 35mm/1.4 (sc), KODAK BW400CN
by kurakame | 2014-03-02 07:32 | M5 | Comments(4)
Commented by imaipo at 2014-03-02 08:49 x
おはようございます
新規に建ちあがっている住居?店舗ですか
立木が塀に影を作って面白い光景ですね
わが町は高齢者が多くなり店舗もシャッターをおろし
寂しい商店街になってます。
Commented by kurakame at 2014-03-02 15:31
Imaipoさん、こんにちは。
これは、外装修復工事中のマンションです。
エントランスには住人の出入りが見られます。
もう少しこの道を行くと、駅前シャッター商店街(?)です。
Commented by bella at 2014-03-03 16:05 x
私も わずかでしたが 新婚は団地からのスタートで、それも 影も形もなくなっています。 今の団地は
いろいろ工夫があって、昔よりは よく出来ているのでしょうね…
Commented by kurakame at 2014-03-03 21:33
bellaさん、こんにちは。
幸か不幸か、ぼくは団地の経験がありません。
しかし、あの初期の公団住宅は、我が国の中流家族の生活様式を大きく変えることになった
一つの記念碑であったということはできるのでしょうね。
<< モノクロームの隣村歩き - 再... 春まだ浅い王禅寺 >>