初夏の陽気の原宿徘徊(下)




(承前) 手持ちの機材のうちで、最少最軽量のもモノとして思い出したのがオリンパスさんのボデイキャップレンズ

暫らく振りの出番であったが、このように快晴の昼間に撮ってみると見事にクリヤーな描写をしてくれる。


初夏の陽気といっても4月。このファッションの街では人それぞれの服装がいろいろあって面白い。

14:16
c0156404_1541047.jpg

14:18
c0156404_1504021.jpg

14:21
c0156404_1511421.jpg

14:33
c0156404_1512490.jpg

14:37
c0156404_15134100.jpg

Panasonic LUMIX GF1, Olympus BCL 15mm/8





「グループしゃとる写真展」 ~それぞれの瞬間(とき)~ 開催中 

4月24日(木)~4月28日(月)  @西新宿エステック情報ビル2F<クリスタル・スポット>
by kurakame | 2014-04-25 07:33 | Comments(4)
Commented by imaipo at 2014-04-25 07:46 x
おはようございます
おっしゃるようにこの時期のファッションはおもしろいですね
そう言えばまだダウンを着ている方もいました
体感気温が違うのでしょうね。
Commented by kurakame at 2014-04-25 17:06
imaipoさん、こんにちは。
この日は、かなりの高温だったのですが、まさにいろいろな服装が見られました。
特に白人系の方たちは極端なことが多いように思います。
Commented by ヒューマン at 2014-04-26 09:55 x
おはようございます
ボデイキャップレンズは知っていますが、使ったことがありません。
一度トライしてみます
Commented by kurakame at 2014-04-26 10:31
ヒューマンさん、こんにちは。
ヒューマンさんはオリ遣いさんでしたね。ボデイキップレンズはCPバツグン、発売時に0.5万円でした。
ご覧のように良く写ります。ワイドなのでちょっとしたコツは要りなすが
是非オアソビにトライしてみてください。
<< 隣村散歩 - 柿生の里の柿の新芽 初夏の陽気の原宿徘徊(上) >>