隣村散歩 - 柿生の里の柿の新芽




すっかり初夏を思わせる陽気の午後、いつもの隣村散歩。


小田急線に柿生(かきお)という駅があるが、現在はは柿生という地名は残っていない。

旧神奈川県都筑郡柿生村は、多摩川の西の農村地帯の集落を合併して明治22年に柿生村として誕生する。
この辺りが江戸時代からの禅寺丸柿の産地であったことから命名されたという。

昭和14年、川崎市に合併して、地名から柿生の名が消えて、わずかに駅名として残る。


近郊農村と、新興住宅地が入り混じるこの地も、在来の農家や畑の庭の多くの柿の木は今新芽の出始め刻。

新緑はいずれも美しいが、柿の新緑は殊に見事だと思う。

c0156404_8445556.jpg

c0156404_8451010.jpg

c0156404_8452140.jpg

Sony NEX-6, Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2014-04-27 07:31 | Comments(8)
Commented by imaipo at 2014-04-27 08:24 x
おはようございます
おっしゃる通りだと思います
この時期の柿の新緑は本当に綺麗ですね。
Commented by ヒューマン at 2014-04-27 09:40 x
おはようございます
柿生という駅の名前は知っていますが、地名がないとは。
緑が多い街なのですね
Commented by kurakame at 2014-04-27 17:38
imaipoさん、こんにちは。
柿の新芽のこの季節、つい、いつもの散歩道に足が向きます。
Commented by kurakame at 2014-04-27 17:41
ヒューマンさん、こんにちは。
村の名前が、川崎市に併合されて無くなってしまったのですね。
新宿から小田急線、柿生駅の先は鶴川、玉川学園前、町田と再び東京都になります。
Commented by bella at 2014-04-27 21:35 x
柿の若葉、つややかで美しいですね。柿は紅葉も楽しめて
一石三鳥でしょうか、、
東京の繁華街は 若い人と外人さんばかりだと 主人がつぶやいてました! クラカメさんのお写真からもやっぱり垢抜けた人達が歩いているなあと
確認させていただけます ^_^
Commented by kurakame at 2014-04-27 22:06
bellaさん、こんにちは。
この季節、光の多い日には、柿畑の中を歩きたくなります。
原宿では、白人系の外国の人たちに出会うことが多かったようです。
Commented by Pubcom156 at 2014-04-27 22:20
こんばんは
新緑の季節ですね
サクラと違って新緑は絵になりそうで難しいですね
それにしても綺麗です
Commented by kurakame at 2014-04-27 22:35
Pubcomさん、こんにちは。
サクラが終わって、あっという間の新緑ですね。
柿の新緑、ことしはSonnetarでトライしてみました。
<< 隣村散歩 - 「花の寺」高蔵寺... 初夏の陽気の原宿徘徊(下) >>