ボデイキャップレンズFisheyeの駅前広場



Olympusさんのボデイキャップレンズ第2弾、対角線魚眼9mm/8.0は2月末に発売された。

たしか、すぐに手に入れたのだけれども、特に何を撮ろうというこつもりがあった訳ではない。


まあ本気で考えれば、このちっちゃな安いレンズも、多分十分に応えてくれそうだが、
とりあえずご近所のショッピングビルの多角形の屋外吹き抜けを撮ってみた。


この吹き抜けの形態がどうなっているのか、この絵だけではよく分からない。

魚眼レンズによる変形表現は、もとのカタチが頭に入っている被写体でないと面白みがなさそうだ。

c0156404_9215947.jpg

Panasonic LUMIX GF1, Olympus BCL 0908 Fisheye
by kurakame | 2014-05-11 07:12 | Comments(6)
Commented by imaipo at 2014-05-11 08:30 x
おはようございます
家内のコンデジの中に魚眼風が入っているのを
見つけました、今度機会があれば私も撮ってみたいと
思ってます、メーカーはOLYMPSです(笑)
Commented by ヒューマン at 2014-05-11 09:56 x
おはようございます
魚眼レンズそのものを買うにはちょっと躊躇しますが、ボデイレンズなら
手が届きますね
Commented by KONDOH at 2014-05-11 10:00 x
こんにちは。
いや〜・・・、kurakameさんが魚眼ボディキャップレンズをお使いになるとは意外でした。(^^)
ライカ M型で正統的写真を撮られるイメージが強いものですから。
でも、このボディキャップレンズは案外売れるかもしれませんですね。
私の友人も使っています。
Commented by kurakame at 2014-05-11 17:02
imaipoさん、こんにちは。
今どきのコンデジは、カメラ内処理でいろんなことが出来るようになっていますね。
魚眼もその一つで、かなりの効果が期待できそうです。
ぜひお試しください。
Commented by kurakame at 2014-05-11 17:04
ヒューマンさん、こんにちは。
魚眼レンズはそんなに利用機会が無い上に、大きくて重くて高価。
こんなレンズだと、まあオアソビで持っていてもいいかなと衝動買いでした。(笑)
Commented by kurakame at 2014-05-11 17:08
KONDOHさん、こんにちは。
正統的写真とは、お恥ずかしい以外の何ものでもありませんが。(笑)
ローコストでのレンズ遊びは大好きなので、また手を出してしまいました。
もっとも、手許に残っているM4/3ボデイは最初期のGF1のみなのですが。
<< 新緑から深緑へ ボデイキャップレンズFishe... >>