丘の谷間の駅を通過するロマンスカー



昭和の30年代前半に多摩丘陵を伐り拓いて造成された大型の旧公団団地とともに生まれた駅。

丘陵の谷筋を県道と並んでの小田急線だから、駅も当然谷間に出来た。


駅前の桜並木の大樹を眺めていたら、突然眼下の駅をレトロなデザインの特急ロマンスカーが通過した。
慌ててシャッターを切ったが、かろうじて先頭がわずかに画面からはみ出してしまった。


新宿から箱根湯元や江ノ島への小田急の特急は古くからロマンスカーと呼ばれている。

現在は大部分が新型車両に入れ替わったが、先頭が展望席になっているこのLSE(7000)型は
先代を’80年に引き継いだ2代目で、まだまだ何往復かが現役で働いている。

c0156404_15485878.jpg

Leica M9, Elmar-M 50mm/2.8

by kurakame | 2014-05-14 07:36 | M9 | Comments(6)
Commented by ヒューマン at 2014-05-14 08:47 x
おはようございます
小田急ロマンスカー 夢がありますね
展望台から眺める光景 いいですね~
しばらく乗っていません。
Commented by imaipo at 2014-05-14 15:57 x
おはようございます
ロマンスカーはもう何十年も乗ってません(笑)
最近は千代田線の北千住からだったか土日祭日には出てるようです。
Commented by kurakame at 2014-05-14 17:25
ヒューマンさん、こんにちは。
このタイプのロマンスカーの時代は箱根への夢がありました。
もっとも、小生は仕事がらみでもっぱら車での箱根でした。
Commented by kurakame at 2014-05-14 17:28
imaipoさん、こんにちは。
そう、あんまり乗ったことはないのです。なにしろ車が殆んどでしたから。
それも仕事がらみばっかり。(笑)
北千住からの青いロマンスカー、またご紹介できると思います。
Commented by seibo616 at 2014-05-15 05:58
kurakameさん:こんにちは。
学生時代は、下北沢から生田まで小田急で通学していました。
先日は箱根湯本まで行きましたが、ロマンスカーでも乗り換えるのを知らなかったです。
Commented by kurakame at 2014-05-15 23:24
seiboさん、こんにちは。
その頃には、百合ヶ丘団地と百合ヶ丘駅は出来ていましたね。
ロマンスカーは小田原-新宿快適で料金も安いのです。
<< 小田急特急 - 白いロマンスカー 新緑から深緑へ >>