雨傘の上高地、初夏 - 梓川河畔を河童橋へ



森の中の自然研究路は梓川とつかず離れず上流に向かう。

田代橋を過ぎると、大きく屈曲して川幅も広く見える梓川の河畔を進むことになる。

この辺り、晴れていれば前方の穂高連峰の雪渓も望まれての絶景のはずだが、
雨脚は一段と強まり、午後の2時半というのに、あたりは薄暗くさえなってきた。

c0156404_1022827.jpg


1kmほど歩いてようやく雨の中に河童橋が見えてきた。
c0156404_1022417.jpg


雲の向こうにわずかに姿を見せる雪山を眺める観光客のグループ。
c0156404_10233364.jpg

Leica M9, NOKTON classic 35mm/1.4 (sc)
by kurakame | 2014-05-22 07:13 | M9 | Comments(6)
Commented by imaipo at 2014-05-22 07:55 x
おはようございます
雨の河童橋も良いものですね
以前も書きましたがこの橋の上の大渋滞
驚きました(笑)
Commented by kurakame at 2014-05-22 16:59
imaipoさん、こんにちは。
ちょっと季節が早くて、おまけに雨だと、
こんなに人の少ない河童橋にも出会うことができます。(笑)
Commented by ヒューマン at 2014-05-22 17:34 x
こんにちは
雨降る河童橋もまた趣がありますね
晴れていれば涸沢が見えるのですよね
Commented by kurakame at 2014-05-22 21:15
ヒューマンさん、こんにちは。
まあ、あまり見られないような、観光客の少ない景色が見られたということで、
やせ我慢としておきます。(笑)
Commented by bella at 2014-05-24 21:46 x
雨の上高地も なかなかの趣きですね。 寧ろ肌寒いくらいでしたでしょうか
大正池の色合いも絵に描きたいような ニュアンスですね。
合羽橋付近、昔出かけたときは 大行列でした!
Commented by kurakame at 2014-05-24 22:18
bellaさん、こんにちは。
こういった機会でもないと、なかなか上高地に観光というわけにはいきません。
雨のお陰で、人の少ない高原の観光地の一面を見ることになりました。
<< 雨上がりの薔薇 雨傘の上高地、初夏 - 自然研究路 >>