梅雨晴れの隣村散歩 - 谷戸の水田




妙福寺の門前の、車1台通れるほどの道を南に進む。

その先の切通しを越えると、横浜市青葉区の「寺家ふるさと村」である。


丘陵の谷戸では数枚の小さな水田が迎えてくれる。


以前に比べると、すでに水田は畑に変わっているところもあり、こういった狭い地域での水田の維持は大変なのだろうと思う。

c0156404_959331.jpg


在来の農家(と思われる)も、新建材の住宅に生まれ変わっているのものが多い。
c0156404_9591757.jpg

Leica M9, Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2014-07-05 07:31 | M9 | Comments(8)
Commented by imaipo at 2014-07-05 08:06 x
おはようございます
地方へ行くと農家もお寺さんのような建屋に
住まってる方も多く見受けられます
近郊ではおっしゃる通り今風の建屋で生活
されてますね、稲も大分育ってきてますね。
Commented by ヒューマン at 2014-07-05 08:22 x
おはようございます
よく水田の隣に家が建っています。
水が出たとき、大丈夫かといらぬ心配をしてしまうヒューマンです
Commented by swingphoto at 2014-07-05 13:25
やわらい描写だなあと思ったら
このレンズですね。
緑がやさしくまるで
ひらがなの写真の様です。
Commented by kurakame at 2014-07-05 17:29
imaipoさん、こんにちは。
丘陵の谷あいの狭い農地でな専業農家は無理でしょうから、
都市の近郊ですし、住まいも現代風になってくるのでしょうか。
Commented by kurakame at 2014-07-05 17:32
ヒューマンさん、こんにちは。
ここのように狭い谷戸では、もう住宅の庭先が水田です。
多摩丘陵の端っこのこの辺りではたぶん水の出ようは無さそうですよ。
Commented by kurakame at 2014-07-05 17:35
swingphotoさん、こんにちは。
まだまだ、このレンズの良さを引き出すまでには至っていません。
機会を見ては、いろいろとトライしてみようと考えています。
因みに今回は(前掲も含めて)全てf2.0です。
Commented by Pubcom156 at 2014-07-05 21:27
ミドリが綺麗ですね
それにしてもSonnetar、柔らかくて素敵な描写ですね
Commented by kurakame at 2014-07-06 08:26
Pubcomさん、こんにちは。
稲はライカのRFではピント合わせは至難。どこかにピントはくるだろうと5mに置きピンです。
それでも、ピントはどうなっているのか、良く分からない。(笑)
<< Afternoon Beer 梅雨晴れの隣村散歩 - 妙福寺鐘楼門 >>