梅雨明けかと思われる炎天下に、宵々山の山鉾町を歩く - 船 鉾


新町通をさらに南に下ると狭い通りを目いっぱいに占拠して雄大な造りの船鉾が待っていた。

山鉾の中でもユニークな形を持つ船鉾は、何時も巡行の先頭を行く長刀鉾とともに「くじとらず」で行列の最後尾を飾る。

船鉾は日本書紀の神功皇后の新羅出船がテーマであるという。


午後4時を回って、空は相変わらず快晴だが、狭い通りは町家の陰に入り、駒形提灯にも灯が入り始めた。
c0156404_13202043.jpg


船の造りはかなりリアルで金色の装飾も豪華絢爛である。
丁度、家の間から西日が鉾を照らしていた。
c0156404_13215778.jpg

c0156404_13221692.jpg


提灯の明かりもすこしずつ目立つようになり、いよいよ宵山の刻本番になるところだが、
今年はこの辺でお開きとして、ゆっくりと京都の一人ディナーでも楽しむことにしよう。(14.07.15 完)
c0156404_13294325.jpg

Leica M9, Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2014-07-23 07:11 | M MONO | Comments(6)
Commented by ヒューマン at 2014-07-23 08:38 x
おはようございます
提灯に明かりが灯るとまた趣きも違いますね
夏本番の雰囲気です
Commented by こんにちは at 2014-07-23 15:23 x
おはようございます
京都の祭りは独特で雅ですね
一度は見てみたいと思ってます。
Commented by kurakame at 2014-07-23 19:52
ヒューマンさん、こんにちは。
もうすこし暗くなったところを撮れれば良かったのですが、
何回か撮っていますので、今回はここまででお終いにしました。
Commented by kurakame at 2014-07-23 19:55
imaipoさん、こんにちは。
普通は、ゆっくりと宿泊しながら宵山から山鉾巡行と見られればベストですね。
まあ、暑さ覚悟の必要がありますが。(笑)
Commented by bella at 2014-07-26 16:58 x
祇園祭にお出かけとは情熱が まだ溢れんばかりですね。
様子を想像しながら 拝見させていただきました。
ちょうどテレビで、ベルギー由来のタピストリーを切って
山鉾に飾る話をやっていました。 それはご覧になられましたかー
京都は暑かったでしょうか。
東京のこの暑さ、お互い無事耐え抜きましょう! (^_^)
Commented by kurakame at 2014-07-26 21:13
bellaさん、こんにちは。
暫らくぶりに、昼間のみでしたが、ぶらっと宵山を見てきました。
NHKの番組は興味深く見ました。おおよそのことは知っていましたが、
すばらしいことですね。
このブログの2,3回前の鯉山も番組初めに紹介されていましたね。
<< 洛西、法金剛院 - 観蓮会 梅雨明けかと思われる炎天下に、... >>