梅雨が明けた高原の池の平湿原から - 木 道



信州池の平湿原。標高2000mの高山植物の宝庫であるという。

梅雨明けを待っての7月下旬、月例の撮影行は池の平湿原であった。


バスは標高750mほどの小諸ICから市街を抜けると、狭い樹間のヘアピンカーブの連続をあえぎながら登って小時間、
一気に2000mの高峰高原に辿りつく。

高原の気候は気まぐれ、曇り空に時折の薄日がさす程度、評判の眺望は残念ながらNG。


さらに悪路の湯の丸高峰林道を進んで、池の平湿原。


湿原の通路はやっとすれ違い可能な木道であるが、折からの夏休み、木道は林間学校の子供たちやハイカーで大賑わい。

小さな花や植物をゆっくりと撮っている場所もなかなか見つからない。


ここではまず、サブで持参したボデイキャップ魚眼レンズでのスナップを。


子供たちのグループを木道の端に寄ってやり過ごしたが、最後の一人がまだ写野に残っていた。
c0156404_14174773.jpg


すれ違い用か、観察用か、木道がちょっと広げてあるところで子供たちのランチタイム。
c0156404_8471785.jpg

Panasonic LUMIX GF1, Olynpus BCL 9mm/8
by kurakame | 2014-08-01 07:10 | Comments(6)
Commented by imaipo at 2014-08-01 07:50 x
おはようございます
魚眼レンズでのスナップなるほど
参考にさせていただきます良い写真ですね。
Commented by ヒューマン at 2014-08-01 10:17 x
おはようございます
友達と遠足ですね。
食事もママが作ってくれておいしそう
Commented by kurakame at 2014-08-01 17:04
imaipoさん、こんにちは。
魚眼レンズは、いざ使って見ると、なかなか「らしい」絵にならなかったりして。(笑)
いくらか、らしい写真になったでしょうか。
Commented by kurakame at 2014-08-01 17:06
ヒューマンさん、こんにちは。
高原の湿原は、林間学校とかで、小学生、中学生で大賑わいでした。
子土間たちのグループのお昼時に遭遇して撮らせてもらいました。
Commented by bella at 2014-08-02 18:48 x
高原の様子にホッとしました。 今日は朝から
花火大会の場所取りで、右往左往、炎天下のモール屋上で焦げました。
本当にこんな爽やかな高原にしばらく行ってませんので、
見るだけで救われました!
Commented by kurakame at 2014-08-03 08:42
bellaさん、こんにちは。
花火大会(!)、まさに真夏の風物詩ですね。
でも、あの炎天下の場所取りの苦行を克服しなければ、
良い位置からの花火見物は無理、という矛盾(笑)。
<< 池の平湿原から - 高原の小さ... モノクロームの街歩き - 元気... >>