旧公団団地 - 大規模改修中



川崎市北部の旧日本住宅公団麻生台団地。1970年竣工。

私鉄駅から2kmあまり、10haの丘陵頂部に開発された43棟3DK947戸。
情報によると、現在は賃貸、分譲両方の形態で空家入居募集中。


今回訪れたら、半分ほどの棟が工事用の幕ですっぽりと覆われていた。

団地の事務所では大規模改修のお知らせなどが貼りだされていたが、どうやら外装の補修がメインのようだあった。


現時点で、これだけの改修工事を行うのは、当分再開発は無いということだろう。

c0156404_948365.jpg

c0156404_9594536.jpg

NIKON F, PC NIKKOR 28mm/3.5, Fuji Superia PREMIUM 400.
by kurakame | 2014-08-05 07:36 | Others | Comments(4)
Commented by imaipo at 2014-08-05 08:37 x
おはようございます
外壁改修工事ですね
このような工事を始めると建て替えはないですね
なかなか建て替えは難しいようですね諸問題が出て
住人との話し合いが進まないと聞いたことがあります。
Commented by ヒューマン at 2014-08-05 09:15 x
おはようございます
マンションがこれだけ普及する中で、公団の役割はどうなんでしょうかね
ヒューマンの街の団地は建て替えをしました。まるでマンションですね
Commented by kurakame at 2014-08-05 17:50
imaipoさん、こんにちは。
公団はもともとは賃貸借なのですが、
それでも立ち退きとか再契約とか、建て替えには問題山積のようですね。
Commented by kurakame at 2014-08-05 17:53
ヒューマンさん、こんにちは。
殆んどの公団団地は、もう新しく立派なマンションに生まれ変わっています。
大手のデペロッパーさんと共同での再開発、分譲、賃貸と契約も新しくなっているようですね。
<< 秋立つ 隣村散歩 - 旧公団団地をニコンFで >>