銀座ウオッチング - 田中長徳写真展



銀座ではないが、すぐお隣の京橋の横丁のギャラリーに出かける。

チョートクセンセイこと田中長徳氏の70年代のウイーン写真展、
ライカとともに、世界の果てへ/WIEN 1973」である。(こちら


センセイには街撮りやライカに煽られてきた同好の士も多いと思われるチョートクさんの、初期のウイーンの作品。

氏の著書「ライカ、マイライフ」などですでに多くは拝見しているのだが、
主としてライカとコダクロームでの作品を、改めてプリントでの鑑賞を堪能する。


表に出ると、半地下のギャラリーへの階段わきのポスター。

このポスターが画面にあるだけで、京橋の裏通りが往時のウイーンに見えて・・、いや、こないか。(笑)

c0156404_9629.jpg

Leica M9, NOKTON classic 35mm/1.4 (sc)
by kurakame | 2014-09-19 07:33 | M MONO | Comments(6)
Commented by imaipo at 2014-09-19 08:07 x
おはようございます
良い時間を過ごされてますね
ますますフィルムカメラに熱が入りそうですね。
Commented by seibo at 2014-09-19 11:48 x
kurakameさん:こんにちは。
せんじつの明治村コンテストでは、デジカメが大半で
関係者は寂しいと嘆いていました。
Commented by kurakame at 2014-09-19 16:18
imaipoさん、こんにちは。
素晴らしい写真を観て、また、フィルムもデジタルもです。
Commented by kurakame at 2014-09-19 16:19
seiboさん、こんにちは。
明治村は是非フィルムでも撮ってみたいところですね。
Commented by bella at 2014-09-20 21:25 x
チョートクさんのお写真、気になってネットを見てみました。
まだまだ現役の方なのですね。 ウイーンは勿論古く美しい街ですが
ウイーン分離派などを産む土壌があったのか、なんとなく不思議な
ムードを持つ建物やオーナメントがありました。
多分素晴らしいお写真が満載の展覧会だったことでしょう!
クラカメさんもご自身の展覧会の準備でお忙しいでしょうか、、
Commented by kurakame at 2014-09-20 22:00
bellaさん、こんにちは。
チョートクさんと、気軽に呼ばせていただいていますが、大先生なのです。
若い頃からウイーンをはじめ外国暮らしも長く、現在もウイーンにアトリエがあり、トーキョーと行ったり来たり、
カメラや写真集の著作も多数、気さくなお人柄から作品もふくめてファンも多いようです。
あっ、ボクらの写真展はグループ展で年1回、一人2点ですから、まあ、のんびりです。(笑)
<< 銀座ウオッチング - 銀座ニコ... モノクロフィルムの銀座 - C... >>