モノクロームの隣村歩き - 秋晴れの休日



隣駅の近くの踏切である。

人の流れは線路に平行に駅の方向への行き来が主流なのは当然で、
住宅地から住宅地への、この踏切を渡るのはショートカットの車が主で歩行者は比較的少ない。


電車の通過を待つパパと子供たちは、何処へ行こうとしていたのだろう。

c0156404_9205979.jpg

Leica M5, Elmar-M 50mm/2.8, ILFORD XP2 Super.
by kurakame | 2014-10-21 07:14 | M5 | Comments(4)
Commented by imaipo at 2014-10-21 07:54 x
おはようございます
早く踏切が開かないかな?という雰囲気が
小田急線は本数が多いので渡るまでに待たされそうですね。
Commented by ヒューマン at 2014-10-21 10:24 x
おはようございます
この電車で通勤されたのですね。
子供は電車が大好きで、楽しそうですよ
Commented by kurakame at 2014-10-21 17:17
imaipoさん、こんにちは。
あまり人通りが多くない踏切なので、ちょっと目を惹きました。
Commented by kurakame at 2014-10-21 17:19
ヒューマンさん、こんにちは。
子供の頃は、田舎ではありますが自転車で15分ぐらいのところで、
東海道本線のSLに出会うことができました。
電車に出会ったのはいつごろだったかなあ。
<< ポジカラーフィルムで関東の早い... 故郷の城下町で - 夕映え >>