バルナックライカでポジカラー - Super Wide-Heliar




長々と引っ張ってしまった龍尾神社梅園だが、
フィルム1本36枚の中から、最後にスーパーワイドの1枚を。


コシナさんのVoigtlanderブランドレンズ。Super Wide-Heliar初期の製品はライカL(スクリューマウント)だ。

高性能レンズで評判だが、アダプターを介してライカやソニーのフルサイズデジカメに装着すると超広角特有の色被りを生ずることがある。


スナップでは平気で使ってきたが、風景ではやはり気になるので、ここではフィルムでの試写を試みている。


画角110°ともなると、晴天の青空では太陽に近いあたりと、反対側ではこれだけの明るさの差があでることが良く分かる。

c0156404_9594332.jpg

Leica Ⅲa, Super Wide-Heliar 15mm/4.5, RDPⅢ
by kurakame | 2015-03-24 07:05 | Ⅲa | Comments(0)
<< モノクロームの隣村散歩 - 擁 壁 バルナックライカでポジカラー ... >>