モノクロームの隣村散歩 - 擁 壁




相変わらず古いライカにモノクロームのフィルムを詰めての隣村歩き。

昭和30年代に丘陵を切り拓いて造られた旧住宅公団のカマボコ型団地も、ここ数年のうちにすっかり新しく建て替えられて、
10階建て程度の現代風集合住宅群に生まれ変わった。


駅からのバス道路に面したコンクリートの擁壁もいつの間にか新しくなって、
コクリートの打ち放しではあるが、凹凸のパターンが新鮮な印象となっていた。

c0156404_919180.jpg

Leica M6, Elmar-M 50mm/2.8, ILFORD XP2 Super
by kurakame | 2015-03-27 07:10 | M6 | Comments(0)
<< モノクロームの隣村散歩 - 急... バルナックライカでポジカラー ... >>