表参道初夏 - 木漏れ陽




東京青山の表参道は、いうまでもなく明治神宮の表参道である。

みごとなケヤキ並木は今、初夏の光に輝いている。


が、このケヤキ並木、実は東京大空襲で壊滅して、戦後の二代目であるそうだ。

70年の平和な時間を改めて思はざるを得ない昨今ではある。


さて、若者たちがメジロ押しに腰を下ろしているうねうねパイプベンチ、隙間を見付けて一休みと仲間入りをする。


雑踏の歩道にケヤキの若葉の木漏れ陽を見ていると、一瞬、人通りが途絶えた。

c0156404_961745.jpg

Leica M9, Sonnetar 50mm/1.1







マヌカンさんたち勢揃いのウインドウの一瞬の静寂が過ぎると、
初夏の表参道の歩道はいつものように雑踏が甦った。

c0156404_9131452.jpg

by kurakame | 2015-05-15 07:17 | M9 | Comments(0)
<< モノクロームのご近所歩き - ... 南青山みゆき通り - PRAD... >>