梅雨入り前の西新宿 - アーチとタイル




お馴染みの西新宿高層ビル街区の立体橋脚の一つである。

いうまでもなく、アーチの構造は石積や煉瓦積みの空間を支えるために、紀元以前遥か昔に考案されたものだ。


近年はデザイン上の要求からのアーチ型に方が多いようだが、この形のRCに煉瓦を張り付けて仕上げを考えると、
どうしてもオリジナルの「せり持ち」スタイルのマネゴトになってしまう。


こんなことが脳裏をよぎっていたら、ファインダーの前を颯爽と通り過ぎた女性がいた。

c0156404_1521141.jpg

Leica M9, Elmar-M 50mm/2.8
by kurakame | 2015-06-12 07:22 | M MONO | Comments(0)
<< 季節の真四角 - ハナショウブ 梅雨入り前の西新宿 ― タイル... >>