SUMMER DIARY 2015 ― 8月12日





立秋を過ぎて猛暑日の連続記録も申し訳程度に途切れたが、まだまだの残暑は厳しい。


この季節になると、何故か70年前の、あの夏の日を思い出す。

空襲警報だけはほとんど四六時中出っ放しだが、ただB29の大群が中京地区から関西地区への移動に通過しただけの琵琶湖の東岸であった。


夏草の匂いは、近くの小川で水遊びに夢中になっていたkurakame少年たちの、川岸の雑草のそれである。


ご近所の空家の庭の夏草と手入れだけは年二回ほど行われている庭木の梅の古木。

c0156404_10313746.jpg

Leica T (Typ701), Summilux 35mm/1.4 ASPH.
by kurakame | 2015-08-12 07:18 | T (Typ701) | Comments(0)
<< SUMMER DIARY 20... SUMMER DIARY 20... >>