11月 - 民家園での早い色づき



多摩丘陵の自然は常緑樹が多いのか、山(丘)全体の色づきは見られないような印象がある。

生田緑地の日本民家園でも、一部の楓や桜の遅い紅葉を見るぐらいのものだが、
園路のトンネルを抜けたところの一本の柿の葉が毎年いち早い色づきを見せてくれるのが嬉しい。


逆光の向こう側の茅葺き屋根は、九十九里から移築された漁家。17c後期。

c0156404_10143597.jpg

Leica M9, Sonnetar 50mm/1.1 ( f 4)
by kurakame | 2015-11-02 07:07 | M9 | Comments(0)
<< 西新宿街景 - 超高層ビルの脚元 日本民家園 - SONNETA... >>