川崎市立日本民家園の恒例お正月遊びをフィルムで撮る




いつもの生田緑地日本民家園。2016年の初日は、恒例の正月イベントで始まった。(5日)

国指定重文、九十九里からの作田家前庭広場ではお正月の子供遊び


インストラクターは保存会やボランティアのおじさんおばさんたち。
子供たちと一緒の若いパパやママ達も興味津々のようすが多数。つい、こちらも口や手を出したくなるような和やかさだ。


ベーゴマ、独楽回し、ケンダマ、かんうま、などなど。

床上公開されている屋内もオリガミやおもちゃの子供天国。また表では伝統のわら細工の実演も。


短時間の、フィルム1本からのやみくも10ショット。M6がトレードされて、フィルムメインはM5になった。

c0156404_150662.jpg

c0156404_1502115.jpg

c0156404_15111044.jpg

c0156404_15272230.jpg

c0156404_1505894.jpg

c0156404_151198.jpg

c0156404_1513555.jpg

c0156404_1514955.jpg

c0156404_15274649.jpg

c0156404_152312.jpg

LEICA M5, NOKTON classic 35mm/1.4(sc), ILFORD XP2 Super
by kurakame | 2016-01-06 16:45 | Comments(4)
Commented by 湘南ジージ at 2016-01-07 09:05 x
昔子供だった爺様たちと和やかに遊んでる子供たちの写真に 思わずホンワカ!!
当地でも 古い民家園で同じような催しがあるのですが 何時??
Commented by kurakame at 2016-01-07 15:27
湘南ジージさん、こんにちは。
われら戦時中の少国民には遊び道具もほとんどありませんでしたね。
戦後になっても、田舎にいると独楽1コがなかなか手に入り難くって。
Commented by ヒューマン at 2016-01-08 09:51 x
おはようございます
今年も素敵な写真 楽しみにしております
温かい雰囲気の光景ですね。
モノクロでもちゃんと伝わるものですね
Commented by kurakame at 2016-01-08 16:02
ヒューマンさん、こんにちは。
世の中色が氾濫していますので(笑)、モノクロに逃げてみます。
上手く色を整理できればいいのですが。
モノクロ、フィルム、マニアルカメラ、と現在のデジとはまるっきり反対側ですが、
それなりに撮る楽しみもあります。
本年もよろしくお願いいたします。
<< 春を待つ丘 新春に寄せて - ロウバイ >>