ウルトラワイドで新春のふるさと公園 




天平の創建、鎌倉期に再興という古刹王禅寺の隣に拡がる10万平米の川崎市制60周年記念ふるさと公園


調布飛行場へ向かうお馴染み新中央航空のドルニエ機は、公園の真上を通る。
12mmのウルトラワイドではけし粒ほどに写るが、等倍で見るとしっかりとディテイルが読みとれた。

c0156404_10445517.jpg



中央の多目的広場の直径は200mはあろうか。休日の家族連れたちは思い思いの時間を楽しんでいる。

c0156404_10435524.jpg



低い位置のバス通りからモダンなデザインの木製階段が公園広場につながっている。
長い午後の日影が落ちた踊り場のウッドデッキに、ちびっこ姉弟が登ってきた。ご両親はあとからゆっくりと。

c0156404_7193386.jpg

Leica M (Typ262), Voigtlander Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6
by kurakame | 2016-01-15 07:34 | M(Typ262) | Comments(2)
Commented by ヒューマン at 2016-01-15 09:52 x
おはようございます
最後の写真 印象的です。光と影 思いきった構図 
なるほど メモしました
Commented by kurakame at 2016-01-15 14:30
ヒューマンさん、こんにちは。
イメージができても、対応する道具(=レンズ)が無いと撮れない絵もありますね。
3枚目平凡な場所ですが、樹の陰と子供たちとウッドデッキの目地が
超広角に応えてくれたかも知れませんね。
<< 京の半日ぶらぶら歩き - 建仁寺 ウルトラワイドで新春のふるさと... >>