御柱祭の間の下諏訪宿 - 中山道




今年は7年毎の諏訪大社の御柱祭。

4月の山出し、5月の里曳きの行事のちょうど中間の時期の信州下諏訪宿である。


グループ撮影行の目的は桜であったが、かろうじて慈雲寺のシダレサクラが残っているのみ。


何の予備知識もないままに、慈雲寺近くの下社春宮から秋宮への中山道旧道をスナップしてみた。

c0156404_10465341.jpg

c0156404_10471575.jpg

c0156404_10473058.jpg

c0156404_1048333.jpg

c0156404_10474918.jpg

Leica T, NOKTON classic 35mm/1.4 (sc)
by kurakame | 2016-04-25 07:35 | Comments(2)
Commented by ヒューマン at 2016-04-25 09:14 x
おはようございます
諏訪の様子 懐かしいです。
新入社員研修で行ったときが、御柱でした。
Commented by kurakame at 2016-04-25 16:23
ヒューマンさん、こんにちは。
諏訪は通過するばかりでほとんどご縁がありませんでした。
今回、ほんのちょっとの時間でしたが、なかなか興味深いところのように感じました。
御柱祭、もちろん見ていませんが、七年前の御柱を下社で拝見してきました。
<< 御柱祭の間の下諏訪宿 - 脇本陣 ご近所散歩 - 黄色い家 >>